2021年 明けましておめでとう御座います。

img_0bb26b4d6b391370e82a329eff902b6a78367.jpg
 新年明けましておめでとう御座います。昨年はコロナで明け暮れましたが、今年はどうなりますやら。
 大晦日の東京は新規感染者が1300人を超えましたが、東京のみならず全国各地で入院・転院の拒否や遅延が起こっており医療崩壊が始まっていますね。

 さらに心配なのはイギリスで発生した変異型コロナでしょうか。変異型は従来型の1.5倍から1.7倍の感染力だそうで、イギリスはコロナ感染者が爆発的に増えており、既に新規感染者の96%が変異型だそうです。
 日本にも既に持ち込まれているようですが、こちらも一気に変異型が大半を占めるようになるでしょう。

 数年前、新型インフルエンザが流行し始めた時に、飛行機が着くたびに防護服を着た検疫官が乗り込み、全員の抗原検査をしましたが、ついに第一号が神戸で発見されました。
 その後は燎原の火のごとく全国に蔓延しました。幸い新型インフルエンザは毒性が弱かったために大事に至りませんでした。

 イギリス変異株コロナもほどなくして日本全国に広がるでしょう。イギリスの例を見ても感染速度はこれまでの新型コロナの比ではないようです。
 もしこれで毒性が従来通りならイギリスは持ちこたえられないでしょう。日本も数週間のうちに変異株が主流になるでしょうから完全に医療は崩壊しますね。
 それどころか世界の医療が崩壊し、世界経済が大打撃を受け、100年前のスペイン風邪と同じスケールの惨事が起こるかも。

 ただ変異型の病原性がどの程度かはまだよく分かりません。今後2週間のイギリスの死者数が注目されるところです。これが感染者数とパラレルに動く様ならもうお終いですね。
 もし以前の新型インフルエンザの様に、むしろ変異型の方が病原性が弱いのなら、変異株が大流行した方が、従来型が駆逐され死者数は減るかもしれません。

 政治がやるべき大切な事は、変異株の病原性が弱いと判明したら、間髪を入れずに感染症2類指定を5類に落とす事です。
そうしなければ毒力が弱いのに入院、隔離、ホテル待機、自宅待機が続き、病院も経済も、最後は日本も崩壊します。

 変異株の病原性が従来通りなら、もうGive Upするしか無いですね。現在の医療提供体制、医療資源で国民全体に最適な医療が提供できない事はご理解ください。

 望みの綱はワクチンだけですね。

 今年が良い年になりますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント