初夢・YL音響D-1250の使用方法を(ひとまず)決めました(その1.)

LH-5F.jpg
4.jpg
3.jpg
 (YL音響の低音用ホーンLH-5ですが、一番上の写真のホーンはレプリカです。下の二枚の写真はHiFi堂のHPから頂きました、LH-5の背面と側面です。こちらはYLオリジナルです)

 先日入手したYL音響の低音用ドライバーD-1250ですが、使用方法をひとまず決めました(まだ迷ってますが)。
 まず低音ホーンを2本用意してステレオで使うべきか、一本で3Dにすべきか、3Dにするならドライバーは一本か、ダブルスロートにして2本か。
 ここはスペースさえ許されるなら低音ホーン2本のステレオ使いですよね。

 次はVITAVOX BASS BINシステム、ロンドンWEシステム、WE13aシステムのどれに使うべきか、はたまた新しくYLシステムを組むべきか。

 オークションや中古屋さんを利用してYLシステムを新しく組んでも、置く所が無い、その前に諭吉が無い。これは却下です。
 既存3システムのどれかに組み込むならWE13aシステムしか無いでしょう。
 D-1250を低音ホーンに取り付けた場合、上は100~130Hz位で切る様です。そうなるとバスビンは100~350Hz、ロンドンWEは100~650Hzをホーンロードはかかっているとはいえ紙のウーファーが受け持つことになり面白くない。

 それに対し、WE13aシステムは100Hz~4KHzをWE555+WE13a、4KHz以上をカンノK-597と金属振動板のホーンで再生しています。この方が納得性がありませんかね。
 YLの思想は一つのホーンに2オクターブしか受け持たせず、完全ピストンモーションの5wayですが、まあその一般家庭で理想通りには出来ませんよね。

 ネットを見ていると、コンクリートホーンの上にWE15aを繋いだもの、YL音響の木製渦巻き型ホーン、LH-5の上にWE15aを繋いだものも見かけましたので、WE15aがWE13aになってもイケるのでは。

 低音ホーンはどうするか。コンクリートホーンは家の新築時しか作れませんから却下。木製折り返しor渦巻きホーンになりますね。
 既製品ではYLにLH-5というヤツがありますがディスコンです。というより会社がもうありません。
 図面を探して作ってもらうしかないですが、図面は入手できる?作ってくれるところはあるのかな?
 あるいはベンプレ親父オリジナルの木製ホーンの図面を引いて作ってもらう、あるいは自作する手もありますが、コレは大変そうだし失敗したら捨てるのも大変だよね…

 そういえば以前に前橋のオーディオの友人宅を訪問したときにTオーディオというお店に案内してもらいました。ここにはLH-5が有りましたぞ。
 でもお店の名前も分からなくなり、名刺も紛失してしまいました。

 改めて前橋の友人に連絡先を聞き、Tオーディオに連絡してみますと、LH-5のレプリカ製作は出来そう、D-1250のスロートSP-16はレプリカ在庫ありとの事でした !!

 勇気凛凛です !!
 年末にLH-5二本とSP-16を1本の見積もりをお願いしました !!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント