YL音響LH-5導入準備にパワーアンプを配置換えしました

IMG_4100.JPG
 (WE13aシステムのアンプラックです。高域用パワアンを是枝ラボ1619p.p.からWE124Jに、低域用をWE124Jから是枝Lab.6550p.p.に変更しました)

 WE13aシステムの低音用に、現在はランシング415レプリカ+JBL4550箱を使用中ですが、昨年末に思わぬことからYL音響のD-1250ドライバーが2個手に入りました。
 ここは一発、WE13aホーンの下もホーンにしてみようかとLH-5レプリカ2本の制作を依頼しました。3月中旬には納品の予定です。

 現在415のドライブアンプにはWE124Jを使用中ですが、D-1250用には少し出力不足ではないかと思います。
 YLのドライバーはどれほど大掛かりな物でも家庭用なので、PA用ドライバー程の能率はありません。
 D-1250もカタログデータでは100db、耐入力80wですから、現代の映画館やホールで使用できるほどの大音量は出せません。
 対して415は映画館用(MGM映画のシャラーホーンに使用)なので能率は大変高く、4550箱に入れたダブル仕様ではWE13a+WE555よりも高能率で、110dbは優にあります。

 ですから出力12wのWE124Jでも問題無いですが、D-1250+LH-5にはパワーが不足するのでは。更に、D-1250+LH-5は少し低域を持ち上げるイコライジングを勧められていますからなおさらです。

 こんな訳で、この機会に手持ちのパワーアンプの組み換えをする事にしました。
 4550+415にはロンドンWEシステムのサブウーハー、ハートレイ224HS後面開放箱に使用していた是枝Lab.6550p.p.(60W)を使います。
 WE124JはカンノK-597に回します。
 K-597をドライブしていた是枝Lab.1619p.p.はロンドンWEシステムの高域、JBL075励磁改造へ。
 これまで075励磁を鳴らしていた是枝Lab.5881(だったかな?)p.p.をハートレイ224HSネオジムに繋ぎました。

 224HSは能率98dbなので5881p.p.(出力20w前後)ではやや非力かもしれませんが、こちらは低域を持ち上げるイコライジングをしないので大丈夫でしょう。
 クラングフィルム・オイロダインの最低域補強に使用している224HSアルニコは自作のEL34三結p.p.20wでドライブしていますが、問題ないですから。

 実は5881p.pをサブウーファーに回したのは別の理由もあります。このパワアンは他のアンプに比してゲインが低いのです。
 そのためロンドンWEの是枝Lab.チャンデバの目盛りは高域を全開としても中域(是枝Lab.PX4p.p.+ロンドンWE2910Aドライバー+2094Aホーン)、低域(是枝Lab.WE300Bp.p.+ロンドンWE2080Aダブルウーファー+アルテック210箱)はかなり絞らなければなりません。

 サブウーファーの224HSは別の自作LC型チャンデバの二段重ねで60Hz、24db/octで上を切っているのですが、パッシブチャンデバ2段重ねではゲインが下がるでしょうし、チャンデバコイル同士の干渉が起きる懸念があるためにバッファーアンプを挟んでいます。
 しかしこのバッファーアンプが結構ゲインがあり、224HS用にはゲインの低いパワアンの方が好都合、つまり5881p.p.が上手くハマると思いました。

 デンオンのオーディオチェックSACDからピンクノイズを出し、スマホのアプリ、Audio Toolsで調整してみますと、是枝Lab.チャンデバは低域と高域が全開、中域のみやや絞るという良い感じのボリューム位置になりました。
 サブウーハー用の自作チャンデバのボリューム位置も前より上がり、こちらも良い感じです。

 WE13aシステム、ロンドンWEシステム共に音は悪くなっていませんので(ロンドンWEシステムはむしろ見通しが良くなった気がします)、これで行きましょう。
 LH-5が到着したら、415と交換するだけで済むように、準備を進めていきます。

 ウフフ、新妻のお輿入れを待つ気分だねw
 いやまてよ、D-1250は私が三代目のオーナーでだいぶん年季が入ってますから…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

マニア
2021年02月07日 10:27
オヤジ殿

アンプの数量も凄い!
最適な組合せを選べますね
D1250にイコライジングして無理に低域を伸ばすと、いずれエッジが劣化へたりパカパカ干渉するらしいですよ
4550の低音はドスンと固まった様な低音ですがD1250は空間の広い伸びやかな低音に感じます

低音の質と量の塩梅は難しいです
当方も4550バスレフ箱とD1250の低音は使用していますので





ベンプレ親父
2021年02月07日 14:50
マニア様、コメント有難う御座います。

4550とD-1250の両方をお持ちとは驚きました。
私はD-1250+LH-5の音が良ければ4550+415レプリカ・ダブル+励磁電源F-820、4台は出そうと思っています。
なにしろもう置く所がないですし、諭吉も欲しいですw

D-1250、イコライザーを入れるとエッジがへタリますか。そりゃあ最近のホームシアター用のサブウーハーとは違いますからさもありなんですね。
エッジはプラスチックで普通のドライバーよりはストロークが取れるそうですが、破いたり腰が抜けちゃたまりません。

イコライザーは入れないか、効かせても最小限にします。

宜しければこれからも色々教えて下さいませ。