今日のコロナ(尼崎など)

AS20210414002611_comm.jpg
 (TVで何度も放送されている大阪暁明館病院のコロナ病棟です)

 今日は尼崎のはくほう会セントラル病院254床で外来ですが、コロナ病棟で医療をしていただいている医師に話を聞きました。
 この病院は21床の病棟を潰して6病床のコロナ病棟にしている新型コロナ重点医療機関で、ワクチン基本型病院です。

 救急車で多くのコロナ感染患者が搬入されてきますが、最近は感染当初より重症の方が多く「ウチは軽症・中等症患者用病床です」なんて言う話は通じないそうです。
 なにしろ救急車は到着前に5-10件の病院で入院を断られていることが多いので、もう受けざるを得ないとか。

 コロナ病床は6病床なのですが、コロナ病棟には現在8名が入院していて6名が重症のカテゴリーだそうです。スタッフはギリギリで持たせているようですが、もう限界です。

 尼崎市は入院できないコロナ自宅待機者が150人に達しているそうです。大阪市は2000人という事です。
 もう入院できないので、尼崎保健所の車で患者さんが当院に連れてこられ、投薬(デキサメサゾン)だけ外来(駐車場に作った臨時外来)でやってもらい、自宅に帰る「コロナ外来ツアー」状態も始まっています。

 在宅医療を中心にしている開業医さん達は自主的にチームを組んで、コロナ在宅患者往診を始めているそうですが、ご自身のワクチン接種はまだなのでは?早く打てる様に行政の配慮を希望します。
 (大阪市此花区では昨日から開業医さんなど医療従事者1800人のワクチン接種が始まりました。此花区の接種会場は大阪暁明館病院です)

 兵庫県は介護施設入所者と介護職員が同時にワクチンを接種する事になっていて、赤穂市の老健・伯鳳会プラザは今週ワクチン接種の予定でしたが、「ワクチンが入荷しない」という事で中止になりました。
 いつになりそうか問い合わせましたが「入荷未定」だそうです。

 尼崎はワクチン接種券の高齢者への配付が始まっていますが、今日外来に来られる患者様は現在の病気の話ではなく、開口一番「私はワクチン打って大丈夫ですよね?」です。
 しかしワクチン入荷とその安定供給が出来るのか、我々医療現場にはまだ分かりません。

 以前は重症担当病院に転院を依頼した場合、年齢制限はありませんでした。その後80歳以上の患者様が断られるようになりましたが、現在は70歳以上は断られています。それだけ重症病棟の不足が厳しいのでしょう。

 正直、ここまで医療崩壊するとは思いませんでしたが、いつもコロナは想像できる最悪のシナリオのさらに上を行ってしまいます。しかも今がピークではなく、これからさらに悪化する事は必定です。

 さて、はくほう会セントラル病院のコロナ病棟に配属されている看護師のうち2名は新人です。なんと、自分からコロナ病棟を志願したそうです。
 20歳を少し出たばかりのお嬢さんです。お父さんお母さんに相談したのでしょうか。
 
 昔から人は見かけによらないと言いますが、コロナ禍でそれを日々実感しています。普段の仕事が並以下でも、コロナの様な危機対応では凄く力を出す人もいます。そして逆の人もいることを知りました。
 見かけに加えて普段の仕事ぶりとイザという時の仕事ぶりは違う場合がありますね。

 東京のあそか病院(江東区)にもコロナ病棟勤務を志願して転職してきた看護師さんがいたそうです。医療人は生活の為に医療職をしていることは間違いないですが、それだけじゃない事が身にしみてわかりました。

 私はこれからも医療職・介護職の仲間たちの志を信じる事ができます。それは安心で嬉しい事です。

p.s.
 関西人向けに少し明るいニュースも。
 今日のスポーツのネット記事から。

 『マルテ(神)が初回先制ソロと3回2ラン。来日3年目で初の1試合2発を2打席連発で飾った。巨人戦で2打席連発は昨季も近本が9月15日の3回と5回に記録しているが、外国人選手では03年8月28日にアリアスが3回と5回に打って以来18年ぶり。チームが先制すれば16連勝、本塁打が出れば13連勝の不敗神話もダブルで更新した。』

 どうやらマルテは神になったらしい(^ー^)/ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

名無しの権兵衛
2021年04月21日 22:52
先生,お疲れ様です!

矢張り,看護師200名・医師100名が退職してしまうという
何処かの大学病院とは違いますね?

此れでも聴いてストレス解消して下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=FWq-qJLrO_I&t=10s
ベンプレ親父
2021年04月22日 07:17
名無しの権兵衛様、コメントありがとうございます。

件の病院はプロポフォールなどで特定機能病院を外されて赤字が止まらず、職員の処遇が出来なくなったのが原因かと思います。

健康な体に健全な精神が宿ると少し前まで言われていた様に、健康な経営の下、健全な運営が行われると思います。

理念と志で事が行えるのは短期間です。個人の世俗的な欲望を満足させながらでなければ、長期的には良い運営は出来ません。
良い運営をする為にはコストか必要ですが、そのコストが良い運営を長期的に行う障害になる場合があります。

その辺りの大極的判断を間違わず下し、その理由を職員に理解してもらう説明力と判断を実行する為のガバナンスが無いと経営者としては問題だと思います。

結局、全てのステークホルダーが不幸になります。

件の病院も経営者が代わりました。今後どうなるかは未知数です。