今日は兵庫県パワーリフティング選手権でした

 今日は神戸市舞子の藤本会館で第28回兵庫県パワー。総勢53人の選手が出場し、県大会としては大いに盛況でした。
画像

 主役はこの人、新田選手。ノーギア90kg級のスクワット日本新(281kg)、デッドリフト日本新(276.5kg)の2種目のノーギア日本新を樹立しTotal695kgでMVP。
 
 同門の陣内選手(ノーギア100kg級)も、ケガからの復帰第一戦でスクワット250kgを含む650kg、復活にむけて順調のようでした。
画像

 女子で頑張ったのは余語選手(ノーギア48kg級)。ノーギア日本新70.5kg、75kgを連続して成功、もちろん優勝です。

 彼女は10年選手なんですが、ベンチの自己ベスト67.5kgを急に7.5kgも伸ばしました。“沖縄の中量級選手”が、「自分が教えました」と言ってましたが、多分違う理由でしょうね。

 それではキレイどころシリーズ(失礼)を続けます。
画像

 フルギア48kg級は山本選手が優勝です。
画像

 フルギア56kg級工藤選手はスクワットが降りず、失格してしまいましたが、ベンチ、デッドは好調でした。
画像
ノーギア60kg級は岡島選手の優勝、気合充分の試技で会場を沸かせました。

 目立った所では、鹿児島から全日本90kg級標準記録を取りにやってこられた九州チャンプの村岡選手。
 長征の疲れも見せず見事に標準Get。おめでとう御座います。
 
 次に特筆すべきは、いつも若々しい試技で会場を盛り上げる金光桐蔭高校勢。
 52kg級の原田選手、60kg級の森部選手の“台湾デッド”はシニアの選手以上の完成度でした。
 125kg級の木村選手、あまりにも太い大腿部のためスクワットがルール通りまで降りず失格しましたが、パワーは充分です。
 膝の前に出ない、白がつき易いフォームを身に付けたら、直ぐに第一線に躍り出るでしょう。

 惜しかった人はこの二人。
画像
画像

 フルギア75kg級の工藤選手はM-Ⅱベンチ日本新の230kg、90kg級の川口マン選手はM-Ⅰ日本新の255kgに挑みましたが共に轟沈。

 ビックリさせられたのは、この選手。
画像

 ご存知モンクタレ選手ですが、ベンプレ親父はベンチの試合しか御一緒していなかったため、こんなに強い選手とは知りませんでした。
 67.5kg級ノーギアで547.5kg !!

 「完全なバランス型でデッドが強い」という三種目にもってこい、一番勝負に有利なタイプですね。
 6月の全日本マスターズパワーで全国に名を知られる選手になるのでは。

 もう一人ビックリしたのはこの選手。
画像

 ノーギア・ジュニア90kgのベンプレ息子です。SQ120kg、BP82.5kg、DL120kg、8試技成功でTotal322.5kg。
 目標にしていた全日本ジュニア参加標準記録の1/2(315kg)をクリアしたのは良いんですが・・・

 なんと、この選手、試技と試技の合間にプラットフォーム裏の選手溜まりでイスに腰掛けたまま熟睡してるんです。
 とくに、失敗したベンチ第二試技と第三試技の間は盛大に船を漕いでおり、自分の試技の2試技前にようやく目を覚ましました。

 もうすこしで、「第二試技と第三試技の間に眠り込んでしまい、第三試技をパスした選手」として“伝説の男”になるところでした。
 多分、ベンプレ親父が揺り起こさなかったら、そのまま寝てたと思います。

 目を覚ましていきなり望んだ第三試技は、第二試技で潰れたのと同じ82.5kg。「寝ぼけながら試技して、挙がる訳ないわい」と情けない気持ちで見ていましたら、コレをクリーンリフト。

 帰りの車の中で「なんで第二試技は失敗して、第三試技は挙がったんだ?」と聞きましたら。「第一試技と第二試技の間はチョットしか眠れなかったからだよ」と・・・

 はぁ???

 昔から緊張感の無い子でしたが、ココまでとは・・・

 パワーリフティングの選手もイロイロですなぁ・・・ 

"今日は兵庫県パワーリフティング選手権でした" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント