尼崎市若王寺の老健はくほう、形が見えてきました

IMG_4331.JPG
IMG_4333.JPG
IMG_4329.JPG
 尼崎の中心部にある老健はくほう(入所100名、通所35名)ですが老朽化が進んでおり、現在主流になっているグループケアユニットに対応していないため、はくほう会セントラル病院(尼崎市園田)にほど近い若王寺に移転新築となります。
 建設もかなり進み、そろそろ外部足場が取れてきましたので写真を撮って来ました。
 上の二枚が西側、一番下が東側です。正面は南側ですが、まだ足場が外れていないため写真は撮っていません。

 東側は日陰になっておりキレイに撮れませんでしたが、この面の方がコンクリートのコタタキがあるなど凝っています。
 外壁は全てコンクリートの打ち放しですが、単調にならないように表情に変化をつけてあります。

 なかなかカッコイイでしょ。パースより実物の方がさらに良いですな。
 設計は森設計事務所、施工は柄谷工務店です。柄谷はキレイにコンクリ打ちますね。安心しました。

 6月に竣工予定です。入所者は相当数が現在の老健はくほうから移ってこられると思いますが、通所リハの方はほぼ入れ替わると思いますので、今後は営業にも力を入れないといけませんね。

 ちょっとうっかりしていたのですが、現・老健はくほうはJR沿線、新・老健はくほうは阪急沿線なので、職員の一部が通勤困難で退職されるようです。こちらの募集も頑張らないといけませんね。

 わたしも62歳になり、引退を決めている70歳まであと8年です。次世代に引き継ぐ前に、建て替えが必要な建物は工事を終了しておこうと考え、このところ工事が目白押しです。
 
 現在工事中は1.尼崎・老健はくほう(100床)新築、2.墨田区・特養しらひげ(116床)新築、3.江東区・特養新あそか園(217床)新築、4.姫路・城南病院(52床)新築。
 
 設計中は5.赤穂・サ高住若草の家(40床)新築、6.江東区・あそか病院新館(130床)新築、7.江東区・あそか病院本館(254床)改築、8.埼玉県日高市・旭ヶ丘病院本館(143床)新築、9.大阪市・暁明館透析クリニック+デイケア(40人)+サ高住(21床)新築、10.大阪市・老健あかつき(100床)改築。

 構想中は11.姫路市・老健ハピネス(77床)新築。

 他にもキナ臭くなっている物件もあり、毎週2・3回は建築会議で、医者をやっている時間より建築図面や家具の選定をしている時間の方が長いくらいですw

 早く70歳になって肩の荷を下ろしたいですな。それにはまず健康ですね。

"尼崎市若王寺の老健はくほう、形が見えてきました" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。