テーマ:オーディオ

WE13aシステムのウーハーを励磁型に変更しました(その4.)

(4550に仕込んだ415です。でもなんだか、JBLユニットの方がデザインが揃いますな。415はアルテック825や210に入れたらおさまりが良いと思うのですが。  まあ、時期に見慣れると思いますw)  415はJBL130A、2220Aとフレームの固定用ビス穴が同じ位置でしたので、従来通りビス・ナットでバッフルに固定しました…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

WE13aシステムのウーハーを励磁型に変更しました(その3.)

(裏蓋を閉めた様子です。415は130A、2220Aより奥行きが長いため、裏蓋に穴を開けて励磁コイルカバーを逃がしています。 励磁電源ターミナルと音楽信号ターミナルには2Pの端子板を使用しました。端子の位置を変えて繋ぎ間違いのない様にしてみたのですが、端子板の形状を変えて、間違わない様にする手もあったかな? ちょっとメカメカしい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

WE13aシステムのウーハーを励磁型に変更しました(その2.)

(4550箱に装着した415です。励磁コイルの横からコイルに電流を流すコードが直に出ています。15XSは直出しモデルだけだと思いますが、415はこの部分が直出しではなく、メタルコンセントになっているタイプもある様です)  4550は38㎝ユニット片ch二発ですから、ビンテージものではジェンセンTA4151、F15、ランシング1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

WE13aシステムのウーハーを励磁型に変更しました(その1.)

(今回導入したウエスタンラボ製ランシング415レプリカです。励磁コイルカバーはコの字型です。415のコイルカバーはコの字の横にも蓋をして全面が覆われているタイプがネットでよく見かける形で、コの字型だけのカバーは415の一つ前のモデル、MGMシャラーホーンに使われたランシング15XSと同型ですね。 もっとも、415にもコの字型カバー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サーカス行きました&講義してきました&LE85励磁電源を出川式に

 7月6日は富山でJPAの打ち合わせがありましたので、ついでと言うわけではありませんが、富山アルペンスタジアムでの「popサーカス」というサーカス団の公演を観てきました。  矢野サーカスが解散したときに、メンバーの有志が独立し、コツコツと実績を積み上げて今の規模になったそうです。一回に2か月の公演を年に5回行い、各公演の売り上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL LE85を励磁型に改造してもらいました(後編)

   (測定中のLE85励磁改造です。パソコンから写真の右上にわずかに映っている銀色の小型DACにピンクノイズを入れてiPhoneのレベルメーター・アプリでLE175と音圧を揃え、日本オーディオRC-2でF特を測りました)  次はLE175とLE85励磁改造のF特(1.2KHz以下を12db/octでカット)を測定してみました。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

JBL LE85を励磁型に改造してもらいました(前編)

   (WE13aホーンの下、小型ウッドホーンにJBL LE85励磁改造を装着しています。励磁電源はひとまず菊水のPMX18-2Aを二台使用しました)  ベンプレ亭書斎のWE13aシステムは中高域(1.2KHz~13KHz)用にJBL LE175ドライバーをエクスクルーシブEH-351Sホーンに装着して使用しています。  WE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スチューダーC37のマニュアルをGet !!&EMTの敷布(駄)

 (GetしたスチューダーC37のマニュアルをC37のVUメーターに立てかけています)  半年ほど前にスチューダーC37を多くの方のご厚意で手にいれ、以来楽しく聴いています。  私は機械を触れるウデはないので、ヘッドやピンチローラーの清掃をする程度ですから、本来マニュアルは不要なのですが、C37のソレをネットで見つけ、発作的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JPA総会終了&LPレコードのイコライザーカーブ

 昨日は大阪で日本パワーリフティング協会の社員総会でした。  いろいろと意見の交換を行いましたが、全体に大きな意見の相違は無く、4議題は全て原案通り通過しました。  皆様お疲れさまでした。  先日、EMT927stの付属フォノイコライザーアンプ、139stが不調になったため修理をお願いしています。  修理を終えるまでベンツマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL LE175のホーンをエクスクルーシブEH-351Sに変更しました(後編)

   (JBL LE175のホーンをEH-321LからEH-351Sに変更しました)  EH-351Sは単体でも売られていましたが、エクスクルーシブの3401Wの中域にもED-915をドライバーとして900Hz~7KHzで使用されていました。    現在中古市場に出回っているEH-351Sはホーンを固定するフランジにコルク製らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL LE175のホーンをエクスクルーシブEH-351Sに変更しました(前編)

   (左がエクスクルーシブEH-321L、右が今回導入したエクスクルーシブEH-351Sです)  WE13aを中心に組んだシステムは高域(1.2KHz~)をJBL LE175+エクスクルーシブEH-321Lで鳴らし、13KHz以上をフォステクスT500AmkⅡでチョイ足ししています。  これで大きな問題は無いのですが、EH-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE555振動版修理完了&レコーデッドテープ到着 !!

 香港協会の方に頂いた2019年アジアパワーのTシャツです。  ベンチプレスで潰れたパンダ選手、セフティーバーを低くし過ぎていたためベンチ台から脱出できず、もがいている絵です。  他の外国人選手からも人気No.1のシャツでした。  さて、世界ベンチプレス選手権は日本が総合優勝、「Bench Press Kingdomベンチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE555の励磁電源を出川式にしました(その3.最終回)

 (出川式電源を導入したWE13aシステム全容です)  いよいよスイッチング電源の菊水PMX18-2Aと出川式電源の比較試聴ですが、現在WE555は250Hz~1.2KHzのミッドローにしか使用していませんので、音質の評価はこのままでは難しいでしょう。  一旦、チャンデバをパスしてWE13a+WE555をフルレンジ再生と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WE555の励磁電源を出川式にしました(その2.)

   (出川式フィールド電源では、直流を入れる端子の前に出川式モジュールが入ります。電源内部に組み込まないのには何かノウハウがあるのでしょう。電源装置に繋ぐコネクターはスピコンになっています)  ベンプレ亭書斎ではWE555にはタンガーバルブ電源を使い、JBL075励磁改造はシリコンダイオードのブリッジ整流と電解コンデンサー、コ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

WE555の励磁電源を出川式にしました(その1.)

   (左が菊水のスイッチング電源による直流電源装置、右が出川式電源です。菊水はオーディオ用ではないので派手なデザインですね。出川式も質実剛健過ぎるかも)  WE555の励磁電源にはシンプレックスのタンガーバルブ電源を使用していましたが、先日2度目の故障を起こしました。ヒーターは入るのですが、プレート電圧がかかっていない様です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムにデジチャン導入&田中靖子さんのテープ完成

 (マッキンC40の上にあるのが、導入したデジタルチャンデバ、ヤマハDME24Nです。新品は高いので中古ですが程度は良かったです)  JBL4550導入以来、WE13aシステムの広帯域化、広ダイナミックレンジ化を目指してマルチウェイ・マルチアンプに取り組んで来ましたが、連休の終盤、5月5日pm5:30にひとまずの完成を見ました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE13aの高域について考えました

 (写真はWE13aの高域を補強しているJBL LE175+エクスクルーシブEH-321LとフォステクスT500AmkⅡです)  WE13a(ベンプレ亭書斎のブツはレプリカ)は555系のレシーバーを装着すると概ねフルレンジの再生ができます。ベンプレ亭書斎で計測した限りでは65Hz~1KHzがフラット、1KHz~5KHzがダラ下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墨田区の特養建築予定地から遺跡が…orz&WE13aのプレート

 旧白鬚橋病院跡地に、秋から着工する予定の東京都墨田区の特養しらひげ(事業主・社会福祉法人玄武会)の建築予定地から、よせばいいのに遺跡が出てきてしまいました…  法律ですから、遺跡の発掘調査が終了するまでは着工できません。  更に発掘調査の費用は事業者持ちという規則があるそうです !!!  なんでも、個人が使用する土地なら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スチューダーC37の電源を少々変更しました

 (Studer C37の背面に取り付けてある電源トランスです)  少し前にやった変更ですが、ネタ切れにて今日書いておきますw  オープンリールデッキのスチューダーC37はスイス物なので、220v、50Hzで動作する機材です。写真の様に背面にトランスが取り付けてあり、100v、120v、200v、220v、240vの端子から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その3最終回.)

 (ひとまずセッティングが終わったWE13aシステムです。重たいもの、大きなものを持ち運んだり動かしたり、狭い所に入り込んで細工をしたり…  オーディオやると翌日は必ず筋肉痛ですw)  LE175用のパワーアンプがありませんので、間に合わせに手持ちのBOSE1200Ⅵという店舗用の4chパワーアンプを使いました。  このア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その2.)

 (4550の上にJBLLE175+エクスクルーシブEH-T321L、フォステクスT500AmkⅡを乗せました)  WE13aは1KHz以上がダラ下がりですので、クロスを1,2KHz、24db/octとしてみますとF特はかなりフラットになりました。  音楽を聴いてもドンシャリがなくなり、繊細感や解像度が向上してよりHIFIな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その1.)

 (ツィーターを075励磁改造からJBL LE175+EH321-Lに変更、スーパーツイーターにフォステクスT500AmkⅡを使いました。T500AmkⅡのホーンは艶消しの黒に塗っています。175、T500は4550箱と13aホーン開口部の隙間に設置しています)  先日JBL4550BK箱にJBL130A(片chは2220A)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その9.最終回)

 (4550の再塗装は艶消しがWE13aと同じで良かったと思いますが、地元のホームセンターで大型の缶に入った黒の水性塗料は艶有りしか見当たりませんでした。まあ、色を揃えすぎると微妙な差が気になりますから、これもアリでしょう)  ざっくり調整して、いつもの日本オーディオRC-2でF特を測ってみました。  SUB2090、455…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その8.)

 (ベンプレ亭書斎の北側壁面に収まった、JBL4550+WE13aです)  先週初めにJBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その1.)~(その7中入り)までを書きました。  週末の土曜夜にパワーハウス赤穂のコーチ陣3名にベンプレ亭書斎に来てもらい、私と4人でWE13aを4550の上に乗せましたので続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田中靖子さんのチェンバロ録音会(イタリア協奏曲)でした

 昨日は明石リハビリテーション病院ロビーにて田中靖子さんの演奏でチェンバロの録音会を行いました。曲目はJ.S.バッハのイタリア協奏曲です。  最初はゴールドベルク変奏曲をお願いしましたが、これは1日では無理との事で、イタリア協奏曲に変更となりました。  ベンプレ親父はグレン・グールドのfanです。レーザーディスクにグールドがイタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その7.中入り)

 (アナログチャンデバのdbx223xsでひとまず音出しです。223は安価な製品ですから、ノイズ、音質ともイマイチですが、取り扱いが簡便なので、先で本番用のチャンデバを組むときに当たりを付けるために重宝しています。ついでにデザインも良いよね)  ひとまず組みあがったJBL130A(2220A)×2+4550BKを部屋の中に適当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その6.)

 我が家に到着した130A(中古ショップで入手)、2220A(オークションで入手)を調べてみました。どちらもコーン紙、エッジ、センターキャップの痛みはない美品です。  まず違うのはバスケットの色。130Aはグレー、2220Aは黒。次にマグネットカバーの形状が130Aは角が丸く、2220Aはやや角ばっています。マグネットカバー後部の息抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その5.)

 (入手したJBL130Aと2220A、上の二発が130A、下が2220Aです。)  次はユニットの選定です。(その2.)に少し書きましたが、4550BKフロントロードホーンのドライバーならウーハーは130系、150系でしょう。  現実的には130系ですね。150-4Cを4発は入手不可能、もしくは目玉が飛び出るほどの超高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その4.)

 (ひとまず是枝ラボ6550p.p.とEL84p.p.でドライブしています)  エンクロージャーの補修ですが、ここは簡単に済ませました。  角の欠けは何処のホームセンターにもあるセメダイン社のエポキシ木工パテで埋めてサンダー掛け。合板の木口がササラになりかけているところは木工ボンドで補修して、必要に応じて木工パテ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL4550BK+130AダブルをWE13aの低域に使います(その3.)

 さてこの4550BKはオークションでgetしたものですが、写真のようにボロボロです(だから格安、送料と同額w)。 ユニットは一応入っていましたが、JBLではなく、1本7800円のプライベートブランドの38㎝ウーハーでした。これだけでこの箱が苦界に身を沈めていたことが想像できますなw  この4550BK、おそらく三流のPA現場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more