テーマ:オーディオ

静電気除去ブラシに最新型のユキムASB-2ionを導入しました

 (静電気除去ブラシ3種。左からアナログリラックス、ユキムASB-1、ASB-2ionです)  LPレコードは再生前に盤面のホコリ取りと針の清掃をしなければなりません。  私はデンオンのベルベット風ブラシAMC-10でホコリを拭い、AMC-10に移ったホコリを歯ブラシで除去、その後ユキムの静電気除去ブラシASB-1で盤面の静電気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MOOK「大判・音の見える部屋・私のオーディオ人生譚」が11月19日に発売されます !!

 既にアマゾンで予約受付が始まっていますが、「大判・音の見える部屋・私のオーディオ人生譚」なるMOOKが来る11月19日に音楽之友社より発売されます。  このMOOKは月刊ステレオで田中伊佐資さんが連載している「音の見える部屋」をまとめたものです。  ベンプレ亭書斎も2019年12月号で取材を受けていましたが、ナント…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

WE13aシステムにもアイソレーショントランスを使用する事にしました

 (ラックの右側に設置したのがアイソレーショントランスです。医療用に作られた物です)  (フィリップスの銘が入っていますが日本光電製です。WE124A、124J、それらのバッファーアンプの電源を取っています)  少し前にロンドンWEシステムにアイソレーショントランスを使用して、エアコンやシーリングファン由来のノイズが消え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤフオクでマランツ7cタイプの真空管式フォノイコライザーをGETしました(後編)

(DN308Fの横に設置した7cレプリカです。なんだか収まりが良いと思いません?)  7cレプリカの当初のピーキーノイズ、どうやらエンパイア398かMC3turboと相性が悪かったんでしょうな。398は古いものですから、モーターから何か漏れ磁束でも出ているのかも知れませんね。  プロなら少々電磁波が出ることも想定して遮蔽版な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤフオクでマランツ7cタイプの真空管式フォノイコライザーをGETしました(前編)

(上が購入時の松下電器のカップリングコンデンサー仕様、下がコンデンサーをSoZoとSolenに変更したものです。デザインは松下電器の方がまとまってますな)  由紀精密のLPプレーヤー、AP-0が来月には納品される予定です。そちらはWアームで、針はベンツマイクロのACE-SHとオルトフォンのSPU Wood Aを使うつもりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体力の低下に伴い、VITAVOX BASS BINシステム、WE13aシステム、ロンドンWEシステムの分離を進めます

 (WE13aシステムです。低域はJBL4550+ランシング415レプリカ・ダブル、中域はWE13aレプリカ+WE555、高域はカンノK597です。3wayマルチで鳴らしており、低域はWE124J、中域はWE124A、高域は是枝Lab.1619p.p.です)  ベンプレ亭書斎にはシステムが3系統あり、バスビン、WE13a、ロン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロンドンWEシステムの電源はアイソレーショントランスから取る事にします

 (入手した日本光電のアイソレーショントランス、1300VAです)  ベンプレ亭書斎のロンドンWEシステムは、ロンドンWE2080A、2090A、JBL075励磁改造に行く3ペア6台のパワーアンプと是枝Lab.3way真空管式チャンデバ、計7台の電源を光城精工のソフトスターターKA02から取っています(KA02は壁コンセントへ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

故障中の機材(フォノイコ、テープデッキ、周波数変換器)を修理して頂きました

   昨日、日曜日は西宮と大阪のオーディオ仲間がベンプレ亭書斎へオーディオの修理に来てくれました。  実は写真のオープンデッキ、TASCAM42bの右chの音が出なくなり、レベルメーターも振れなくなったのです。  診て頂きますと、再生ヘッドに繋ぐ線のうち一本が外れていました。これを繋いでもらうと元通りになりました。  改めてTA…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ソプラノ録音の再生用音源が三種類完成、それぞれ音が違います(当然ですがw)

 先日スタインウェイ&サンズ神戸で行った、坂口裕子さんのソプラノ生録会の完パケが出来ました。  写真左は二本のオープンリールテープ(2Tr38)、パソコン画面はDSDのハイレゾ(1bit、5.6MHz)、パソコンのキーボードに広げているのはCDです。  オープンテープとCDはマスターは同じデジタルで24bit、96KHzです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

由紀精密AP-0・LPプレーヤーを試聴してきました

 昨日は東京出張のついでに京橋の由紀精密にお寄りして、予約していたAP-0の試聴をさせてもらいました。  実物は想像よりもコンパクトで、Wアーム仕様といえども節度のあるサイズにて大変カッコイイです。色使いもシルバーとグレーのツートンで華美さが無く好印象でした。  メカニズムに関しては雑誌を基に書いた、8月26日のブログ記事は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

坂口裕子さんのソプラノ録音会でした

 9月5日土曜日は午後から坂口裕子さんのソプラノ、今岡淑子さんのピアノ伴奏で録音会をやりました。  会場は前回も使用したスタインウェイ&サンズ神戸の小ホールです。  いつもは最大40人くらいのコンサートを行えるホールなのですが、このところはコロナの影響で、最大9人までに人数を制限し、スタジオや練習場として貸し出しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糸ドライブLPプレーヤー、由紀精密AP-0を試聴予約をしました(その2.)

 (写真は由紀精密のHPから頂きました。不都合な場合はご連絡ください)  まだ現物も見ていないし、会社の人から話を聞いたわけでもなく、由紀精密のHPを見ているだけなので、以下には間違いが有ったり、妄想が有ったりすると思います。話半分に読んで頂ければとw  AP-0はDCブラシレスモーターでプーリーを回し、ケブラー糸で動力…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

糸ドライブLPプレーヤー、由紀精密AP-0の試聴予約をしました(その1.)

 (写真は由紀精密AP-0のHPより頂きました。不都合な場合はご連絡ください)  ベンプレ亭書斎ではLPプレーヤーはアイドラードライブのEMT927st、ギアドライブのRCA70-C1、ダイレクトドライブのデンオンDN308F、ベルトドライブのエンパイア398を使用しています。  前の3台はガチ聴き用で、EMTはステレオLP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日新聞に二日にわたり北砂ホーム・コロナクラスターの対応と教訓が掲載されました

 8月20日、21日の毎日新聞に、二日間にわたってあそか会の北砂ホーム・コロナクラスターの対応と教訓が掲載されました。  過去に多くの新聞、雑誌、TVに取り上げられましたが、今回の記事が一番ボリュームがありました。われわれの考えもバランスよく掲載されていたと思います。  この記事はネット記事として配信されていたそうですが、評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイナベクター・スーパーステレオを復活させました(その2.)

 (スーパーステレオのアダプター、SSP-5の調子を診ているところです)  さて、5年ほど通電していなかったSSP-5なので、まだ生きているかな?端子類をイソプロピルアルコールで拭き上げ、テストアンプとテストスピーカーを繋いで様子を見てみました。  なんとも無いですね。S/Nも問題ないし、すぐに使える事が判りました。シメシメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイナベクター・スーパーステレオを復活させました(その1.)

 (メインスピーカーは写真右下のバスビンシステム、エフェクトスピーカーは壁付けしたシーメンス・コアキシャルです)    先日、カラヤンのベートーヴェン交響曲全集のBlu-ray audio ディスクを購入し、ドルビーアトモス収録されているトラックを聴いて、イマーシブサウンド(昔はスペイシャルサウンドと言いましたが…)をもう少しや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イマーシブサウンドはどんなもんでしょうか?(その3.)

 (カラヤンのベートーヴェン交響曲全集Blu-rayの付属画像です。スクリーン上の操作で、ドルビーアトモス、5.1chサラウンド、2.0chを選びます。いちいちスクリーン降ろして、プロジェクター灯けなきゃならんのでメンドイね)  先日雑誌(HIVIだったと思います)を見ていると、カラヤンの1975-76年録音のベートーヴェン交…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イマーシブサウンドはどんなもんでしょうか?(その2.)

(Dolby Atmosで収録された、カラヤンのベートーヴェン交響曲全集のBlu-Rayです。昨日届きました)  より立体的な音場を再生しやすくなるように、1970年代前半にブームとなった4chステレオ以来、家庭用の音場再生システムとして各種の方式が模索されてきたことは間違いありません。  2012年にこの音場再生に革命(だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イマーシブサウンドはどんなもんでしょうか?(その1.)

 (以前使用していたスーパーステレオのアダプターです。https://www.dynavector.co.jp/dvssp/ssp5.htmlより転載ですが、不都合な場合はご連絡ください)  オーディオマニアにはピュア系の方とエンタメ系の方がおられるように思います。ピュア系の方も色々と流儀があり、エンタメ派も同じですが、一つの考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は蓄音機の日&NAB-JのDENON DN-3602RでNABとCCIRを再生できるかな?

 本日7月31日は「蓄音機の日」だそうです。なんでもエジソンが蓄音機の特許を提出した日だとか。  他にもオーディオの記念日があるのでしょうか。ご存知の方がおられたら教えて下さいませ。  さて、先日入手したDN-3602RはNHKの独自規格であるNAB-Jというテープイコライザーになっています。一般に日米のテープはNABで、ヨーロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL075励磁改造をロンドンWEシステムへ&ラブコメの帝王?

 WE13aに使用していたJBL075励磁改造ツィーターをカンノK-597に取り替えました。  075励磁も気に入っていましたので、ロンドンWEシステムに移植しました。  K-597は075励磁よりHIFIで静かな音なので、クラシック向きです。WE13aでも主にクラシックを鳴らすことになりそうなので、ジャズやポップスに向く0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンノK-597ツィーターをGet !!(その3.)

 (WE13aホーンとJBL4550箱の間にK-597を仕込みました)  K-597のローカットはCRパッシブチャンデバで4KHz以下を6db/octで切り、更にスピーカーの前にフォステクスの箔巻コン(みなさん良く言われませんが、私は素直で透明感のある優秀なコンデンサーだと思います)2.2μFを咬ませて4.5KHz以下を6db…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンノK-597ツィーターをGet !!(その2.)

 (とりあえず1.5μFのコンデンサー1個で下を切って、音を出してみました。ソースはYou Tube のピンクノイズです)  カンノ製作所はWE300BのアンプやWE22aのレプリカで有名でした。確か北九州市にある鉄道系の電気設備会社だったと思います。  社長の菅野省三氏はステレオサウンドのスーパーマニアの確か第二号に紹介さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンノK-597ツィーターをGet !!(その1.)

 (入手したカンノ製作所K-597とその励磁電源です。)  ベンプレ亭書斎のWE13aシステムはウーハーがランシング415のレプリカ(ウェスタンラボ製)ウーハー箱がJBL4550、ドライバーがWE555、ホーンがWE13aレプリカ(S氏製作)、ツィーターがJBL075励磁改造(M氏改造)です。  バイタボックス・バスビン…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

放送局用オープンリールデッキ・DENON DN-3602RをGet !!(続報)

 (ベンプレ亭書斎のオーディオソース再生機械のショットです。LPタンテ4台、オープンリール4台、SACDプレーヤー(DAC兼用)、UHD-BDプレーヤー、ハイレゾ配信用PC、同HDDがあります。  右奥のテレコがデンオン3602R、左手前がタスカム42Bです)  3062Rの入出力はXLRバランス端子だけですが、上の写真の様…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

放送局用オープンリールデッキ・DENON DN-3602RをGet !!(その2.)

(メカ部分のアップです。テープ走行は書斎のデッキの中では一番良く、再生後の巻取りテープは全く段差がありません。新品のパンケーキみたいに巻けます)  ベンプレ亭書斎への導入時期が一番古いLPタンテはデンオンのDN308Fです。このタンテはデンオンの放送局用タンテの最終モデルで、1978年製です。  現在は内蔵のフォノイコライザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送局用オープンリールデッキ・DENON DN-3602RをGet !!(その1.)

(今回導入したDN-3062Rです。格好はバッチリ決まってますぞw)  先日、ベンプレ亭書斎でオープンリールデッキの比較試聴会をやりました。聴いたデッキは書斎のスチューダーC37、ナグラ、タンバーグ、タスカム42B改造などでしたが、デッキによってずいぶん音が違う事に驚きました。  オーディオで一番音が変わるのはスピーカー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タスカム42Bの置台を作りました&都病協会報&神戸新聞に看護学校の記事が

 タスカム42Bは縦型の専用ラックに嵌め込んで使うのがデフォらしいですが、ベンプレ亭書斎にはそんなラックはありませんので、転倒防止のためにも寝かせて使うのが無難でしょう。  コード類は背部に出ていますので、寝かせるとなると、何か咬ませを入れてコードやプラグが潰れないようにしなければいけません。  42B、お輿入れ時は発泡スチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オープンリールデッキの比較試聴&EMT139st修理完了&北砂ホームが「赤旗」に

 昨日はベンプレ亭書斎にオーディオマニアの御友人5名が来られ、オープンリールデッキの試聴会をしました。  写真はステラボックスです。ナグラとルーツを同じくするスイスメイドのオープンデッキです。アダプターを使用して10インチリールが使用できる2Trデッキで76㎝/sまでイケる凄いものです。    ナグラやステラボックスは仕上げ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北砂ホームのコロナPCR陽性者様もゼロに&オーディオPC用テーブルを自作(これは駄)

 あそか会の特養・北砂ホームでコロナ・クラスターが発生したのは4月25日でした。5月中旬には新規患者様の発生はなくなり、6月1日からデイサービスも再開、新規入所者、ショートステイの募集も再開しました。    北砂ホームにはあと二名だけPCR陽性者がいましたが、その方たちも再検査で陰性となり、あそか病院を含めてすべてのPCR陽性者がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more