テーマ:オーディオ

今日は蓄音機の日&NAB-JのDENON DN-3602RでNABとCCIRを再生できるかな?

 本日7月31日は「蓄音機の日」だそうです。なんでもエジソンが蓄音機の特許を提出した日だとか。  他にもオーディオの記念日があるのでしょうか。ご存知の方がおられたら教えて下さいませ。  さて、先日入手したDN-3602RはNHKの独自規格であるNAB-Jというテープイコライザーになっています。一般に日米のテープはNABで、ヨーロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBL075励磁改造をロンドンWEシステムへ&ラブコメの帝王?

 WE13aに使用していたJBL075励磁改造ツィーターをカンノK-597に取り替えました。  075励磁も気に入っていましたので、ロンドンWEシステムに移植しました。  K-597は075励磁よりHIFIで静かな音なので、クラシック向きです。WE13aでも主にクラシックを鳴らすことになりそうなので、ジャズやポップスに向く0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンノK-597ツィーターをGet !!(その3.)

 (WE13aホーンとJBL4550箱の間にK-597を仕込みました)  K-597のローカットはCRパッシブチャンデバで4KHz以下を6db/octで切り、更にスピーカーの前にフォステクスの箔巻コン(みなさん良く言われませんが、私は素直で透明感のある優秀なコンデンサーだと思います)2.2μFを咬ませて4.5KHz以下を6db…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンノK-597ツィーターをGet !!(その2.)

 (とりあえず1.5μFのコンデンサー1個で下を切って、音を出してみました。ソースはYou Tube のピンクノイズです)  カンノ製作所はWE300BのアンプやWE22aのレプリカで有名でした。確か北九州市にある鉄道系の電気設備会社だったと思います。  社長の菅野省三氏はステレオサウンドのスーパーマニアの確か第二号に紹介さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンノK-597ツィーターをGet !!(その1.)

 (入手したカンノ製作所K-597とその励磁電源です。)  ベンプレ亭書斎のWE13aシステムはウーハーがランシング415のレプリカ(ウェスタンラボ製)ウーハー箱がJBL4550、ドライバーがWE555、ホーンがWE13aレプリカ(S氏製作)、ツィーターがJBL075励磁改造(M氏改造)です。  バイタボックス・バスビン…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

放送局用オープンリールデッキ・DENON DN-3602RをGet !!(続報)

 (ベンプレ亭書斎のオーディオソース再生機械のショットです。LPタンテ4台、オープンリール4台、SACDプレーヤー(DAC兼用)、UHD-BDプレーヤー、ハイレゾ配信用PC、同HDDがあります。  右奥のテレコがデンオン3602R、左手前がタスカム42Bです)  3062Rの入出力はXLRバランス端子だけですが、上の写真の様…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

放送局用オープンリールデッキ・DENON DN-3602RをGet !!(その2.)

(メカ部分のアップです。テープ走行は書斎のデッキの中では一番良く、再生後の巻取りテープは全く段差がありません。新品のパンケーキみたいに巻けます)  ベンプレ亭書斎への導入時期が一番古いLPタンテはデンオンのDN308Fです。このタンテはデンオンの放送局用タンテの最終モデルで、1978年製です。  現在は内蔵のフォノイコライザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送局用オープンリールデッキ・DENON DN-3602RをGet !!(その1.)

(今回導入したDN-3062Rです。格好はバッチリ決まってますぞw)  先日、ベンプレ亭書斎でオープンリールデッキの比較試聴会をやりました。聴いたデッキは書斎のスチューダーC37、ナグラ、タンバーグ、タスカム42B改造などでしたが、デッキによってずいぶん音が違う事に驚きました。  オーディオで一番音が変わるのはスピーカー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タスカム42Bの置台を作りました&都病協会報&神戸新聞に看護学校の記事が

 タスカム42Bは縦型の専用ラックに嵌め込んで使うのがデフォらしいですが、ベンプレ亭書斎にはそんなラックはありませんので、転倒防止のためにも寝かせて使うのが無難でしょう。  コード類は背部に出ていますので、寝かせるとなると、何か咬ませを入れてコードやプラグが潰れないようにしなければいけません。  42B、お輿入れ時は発泡スチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オープンリールデッキの比較試聴&EMT139st修理完了&北砂ホームが「赤旗」に

 昨日はベンプレ亭書斎にオーディオマニアの御友人5名が来られ、オープンリールデッキの試聴会をしました。  写真はステラボックスです。ナグラとルーツを同じくするスイスメイドのオープンデッキです。アダプターを使用して10インチリールが使用できる2Trデッキで76㎝/sまでイケる凄いものです。    ナグラやステラボックスは仕上げ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北砂ホームのコロナPCR陽性者様もゼロに&オーディオPC用テーブルを自作(これは駄)

 あそか会の特養・北砂ホームでコロナ・クラスターが発生したのは4月25日でした。5月中旬には新規患者様の発生はなくなり、6月1日からデイサービスも再開、新規入所者、ショートステイの募集も再開しました。    北砂ホームにはあと二名だけPCR陽性者がいましたが、その方たちも再検査で陰性となり、あそか病院を含めてすべてのPCR陽性者がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラックスD-10Xでハイレゾ配信の利用を再開しました

 (コルグ・オーディオゲートver.4です)  先日、ベンプレ親父は老い先短い命ですから、LP(とオープンリールテープ)だけやるのが吉と申しましたが、その舌の根の乾かぬうちにハイレゾ配信を再開してしまいました。  MQA-CDも一段落したので、久しぶりにやってみようかなと。  しかし暫く休んでいるうちに使用していたKO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LP、SACD、MQA-CDでサムシング・エルスを聴き比べ

 先日アンセルメの「三角帽子」を使ってSACDとMQA-CDの聴き比べをしました。音数の多さ、空気感、自然さでSACD、迫力と鮮明さでMQA-CDで、クラシックならSACDかなと。  しかし聴いた感じで、ジャズなら評価が逆転するかもしれないと思いましたので、キャノンボール・アダレイの「サムシング・エルス」のMQA-CDを買って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EMT139stのレプリカをGet !!(その2.)

 キーパーツの入出力トランスはハウフェの純正品という事です。内部のコンストラクションもオリジナルとよく似ています。  以前のカウンターポイント・レプリカと異なり、出来るだけオリジナルに近づけようとした物の様で、シャーシの後部に16ピンのコネクターが出ており、927、930にはめ込むとそのまま音が出せるようになっています。  トラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EMT139stのレプリカをGet !!(その1.)

 (左側が今回入手した、20世紀オーディオ技術社のEMT139st Bレプリカです。右のシャーシはその電源部です。それにしてもスゲー会社名ですね、オランダの会社だそうです。https://www.jpvanvliet.nl/index.html)  ベンプレ亭書斎のメインLPプレーヤーはEMT927stです。針はもちろんTSD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MQA-CDを聴いてみました

 (アンセルメの三角帽子です。左がSACDで右がMQA-CDです)  先日SACDプレーヤーをラックスマンD-10Xに買い換えました。大変良い音でSACDを聴いているのですが、このプレーヤーはMQA-CDというのが聴けるらしいです。  MQA-CDは最近出たフォーマットで、CDの容量の中にマルチビットのハイレゾ音源を圧縮して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

センターSP(ロシアWコーン)の上にアルテック3000Hを追加

 (センターSPにALTEC 3000Hを乗せました。2個使っているのは能率を稼ぐため、二個を中央に寄せていないのは、TVの中央下部にリモコンの受光部があるからです)  今日もTV用サラウンドシステムのネタです。  センタースピーカーにロシア製30㎝径Wコーン15Ωをパラで使い、ナカナカの美音です。  F特を測ってもレンジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リビングのTVもサラウンドにしました

 ロシア製コアキシャル・フルレンジでセンタースピーカーを作りましたので、リビングのTVもサラウンドシステムにしました。  ちゅうか、サラウンドシステムをやるつもりでセンターSPを作ったんですがねw  AVアンプはヤマハのRX-A1080にしました。ヤマハは書斎でAVプリのCX-A5100を使っているので使い慣れていますし、音も良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア製30㎝口径ダブルコーンSP二発をTVのセンターSPにしました(その2.)

 TVの下に、センタースピーカーとして設置しました。左右のスピーカーはタンノイ・モニターゴールド15を110Lの密閉箱に入れたものです。  設計どおりピッタリ収まりました。ユニット固定用のビスがデザイン上の良いアクセントになってますね。    お約束のAudio ToolsでのF特測定は以下です。  後面開放箱ですから5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア製30㎝口径ダブルコーンSP二発をTVのセンターSPにしました(その1.)

 (ロシア製30㎝口径Wコーン・フルレンジスピーカーを後面開放箱に入れた物です。ゴツイ鉄製フレーム、アルニコマグネットでいかにも良い音がしそうですよね)  数年前にある方のご厚意でロシア製30㎝口径ダブルコーンスピーカー(型番はお約束で明かせません)を2本頂きました。まだ箱に入れていなかったのですが、このSP、裸で鳴らした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SACDプレーヤーをラックスマンD-10Xに取り替えました(その3.)

(ラック下段にウェルフロートを置き、その上にD-10Xを設置しました。D-10XのデザインはD-08より若々しくなりましたが、純粋にデザインの完成度ではD-08ですね。 ソウルノートのS-3も見た目は面白かったです。少しチープな部分のある外観で、いかにも蔵出し感がありましたね) 注文して待つことしばし、ラックスマンD-10X…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SACDプレーヤーをラックスマンD-10Xに取り替えました(その2.)

 (液晶表示のガラスパネルが大きくなりました。程よい大きさだったD-08がデザインは上ですが、表示文字が大きくできますので年寄りには重宝します。でもちょっと安っぽいかなー)  ソウルノートS-3は音の分離が良く、音数が多い鮮明な音です。同時になんと言いますか、グルーブ感がありシャキッとした音です。  これに比してD-08は分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SACDプレーヤーをラックスマンD-10Xに取り替えました(その1.)

(導入したD-10Xです。D-08は角にラウンドが付いていたのですが、今回は直線的です。D-08の方がラックスらしい品の良いデザインで好きですね。  トレーも少し口が大きくなりました。これも前の方がカッコウは良いです。トレーの出し入れの際のメカノイズもD-08の方が低いです。  改良型のデザインは難しいですよね。なにしろ最初のモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンノイ・モニターゴールド15復活 !!(その2.)

 TV用として使うなら、人の声が聴き取りやすくないとダメです。You Tubeで美空ひばり、ちあきなおみ、柴田はつみ等をモニターゴールド15で聴いてみましたがバッチリですね。  昔からタンノイは演歌やベタな日本の歌が得意ですからな。   えーっと、このSPはタンノイHPD385Aなのですが、モニターゴールド15と言い張る事にしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンノイ・モニターゴールド15復活 !!(その1.)

 (モニターゴールド15を仕込んだ110L密閉箱です)   5月25日に全国の新型コロナ緊急事態宣言が解除されました。  まだまだ緊張感をもって生活しなければなりませんが、給付金10万円の請求用紙も届きましたので、このお金(家族3人分w)を当て込んで、TVを大型の4K液晶に買い換えました。    さて、ベンプレ親父は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートレイ224用LCチャンデバを24db/oct減衰に変更(その4.)

 では順番を逆にして、アンプ付きLCチャンデバの後ろにパッシブLCチャンデバを繋いだらどうなるでしょうか。 ⑤. 改造パッシブLCチャンデバの前に自作アクティブLCチャンデバを入れて二重にハイカットしたF特。  どうやら④とよく似た減衰特性ですね。どちらかと言えば高域の減衰量はより大きいような。  よく聴くと、少しS/N比…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ハートレイ224用LCチャンデバを24db/oct減衰に変更(その3.)

 (ローカットフィルターをハイカットフィルターに改造したパッシブ型LCチャンデバ内部です。LとCが各一個の簡単な物です)  ベンプレ亭書斎にはもう一組LCチャンデバが有ります。最初はWE555のローカットに使い、その後ロンドンWE・30150Bのローカットに使用していた是枝Lab.製パッシブ型LCチャンデバです。  このLを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートレイ224用LCチャンデバを24db/oct減衰に変更(その2.)

 自作のLCチャンデバはLにラックスのライントランス3656Pを使っています。このトランスには113H(60Hz時)のコイルが3個入っており、そのうち2個を直列し、226Hで使用しています。  これと0.068μFのSoZoのフィルムコンを組み合わせてローカットフィルターにしています。  3656Pにはもう一つ113Hのコイルが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートレイ224用LCチャンデバを24db/oct減衰に変更(その1.)

 (自作アクティブ型チャンデバと改造パッシブ型チャンデバを重ねて使う事になりました。パッシブチャンデバはウェルフロートで浮かして、ハートレイ224HSの上に乗せています。  このチャンデバのコイルはアンプの電源トランスからのハムを引くので、アンプから離さないといけません。そうなると床面にはもう置く所が無くてw)  ロンドンW…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西は緊急事態宣言解除&AXIOM22システムを復活

 緊急事態宣言の継続していた8都道府県のうち大阪府、兵庫県、京都市の緊急事態宣言が解除されました。まだ5都道県は緊急事態宣言が継続されますが、5月末に解除の可能性が高まってきましたね。  われわれ伯鳳会グループも緊急事態宣言が解除された兵庫県・大阪府では感染外来の縮小を開始します。  発熱外来を外部にテントを建てて行っていた赤穂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more