テーマ:オーディオ

ハートレイ224HSフェライトを再度ロンドンWEの3Dウーファーに

 (ハートレイ224HSをロンドンWEシステムのサブウーファーに復帰させました。今度はフェライトモデルで、ベンプレ親父がコーン紙を修復した怪しいヤツですがw  パワーアンプは是枝Lab.6550p.p.です)  ボンドの乾燥を待って、翌日はユニットの後面開放箱への取付です。  箱は一つしかないので、コーン紙の修復を多く要し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートレイ224HSフェライト・ペア、到着しました

 (コーン紙の修理を終え、後面開放箱に取り付けたハートレイ224HSフェライトモデルです。裏から見ればこの通りですが、表からはほとんど修復跡は分かりません)  先日セカイモンで要修理・ハートレイ224HS・ペアを落札しました。  到着は3月になると思っていましたら、思いのほか早く、落札後僅か2週間の2月20日にベンプレ亭書斎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前橋市でオーディオを聴かせて頂きました

 昨夜前橋市に入り、今日は朝からオーディオ三昧、いっぱい聴かせて頂きました。  最初はTオーディオ。    Y L音響の低音ホーンのレプリカを中心としたオリジナルの凄いホーンシステムです。  ドライバーは全てお店のオリジナル、もしくは既存ドライバーをお店で改造したものです。  こちらでは小椋佳などを聴かせて頂きました。澄み切っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伯鳳会グループの顧問公認会計士のY先生がメジューエワのCDの解説を担当されました !!

 伯鳳会グループの顧問公認会計士のY先生がメジューエワのCDの解説を担当されました !!  ピアニストのイリーナ・メジューエワさんは多数のCDを出されている人気ピアニストです。  写真はこの1月末に発売されたばかりの「若林工房15周年記念コンサート」のライブ録音のCDですが、この解説文をなんとY先生が書かれています。  今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートとピアノのデュオの録音会でした

 昨日は神戸の小ホール(スタインウェイ&サンズ神戸)をお借りしてフルートとピアノのデュオの録音会でした。  オーディオ仲間の6人組が集合です。録音に詳しい方は2名だけ(1名はプロ)ですが、お二方の機材を中心に行いました。  ベンプレ親父はアルテック639Bマイクとそのマイクアンプ、スタンド、他にK&Mのスタンドを6本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

要修理品のハートレイ224HSを1ペア、セカイモンで落としました

 (セカイモンで落としたハートレイ224HSです。写真はセカイモンからで、現物は未着ですがw)    ヤフオクでGetした後面開放箱入りのハートレイ224HS・アルニコタイプを過大入力で壊してしまった事を前のブログで書きました。  現在修理をお願いしているのですが、結構重症だと思いますので、修理可能かどうかまだ見通しが立ちませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートレイ224HSを修理に出しました

 過大入力で壊してしまったハートレイ224HSを修理に出しました。  修理をお願いした会社とは修理前に2度ほどメールのやり取りがあり、何とかなるかもしれないとの事でユニットを送りました。  私の気づいた範囲では、故障は写真の様です・ 1.コーン紙の破れ2か所。一ヶ所はL字型に破れています。 2.ダンパーの折損の心配2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EVX-180Bペアがお嫁に行きました&SDGsのバッジ(駄)

 ロンドンウエスタンシステムのサブウーハーに使用していたエレクトロボイスのEVX-180B(46㎝ウーハー)をJBL4518箱に入れたものをヤフオクに出品しました。  無事に落札して頂けたことは頂けたのですが、僅か1.1万円…orz    まあその、引き取り限定ですからねえ…  でも、同時期に出たエンクロージャー無しのEVX…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベンプレ亭書斎は喜びに沸いています&ベンプレ亭書斎は悲しみに打ちひしがれています

その1.ベンプレ亭書斎は喜びに沸いていますw  先日、トバしてしまったWE555の修理が完了し、無事戻ってきました。ボイスコイルの断線、ボビンの変形、エッジの破れなどでしたら振動板の全交換になると思いますが、リード線の断線だけでしたので、その部分の補修だけで治ったそうです。  有難う御座います(^-^)/  早速ロンドンW…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

池田邸スタジオの3DウーハーとWE15aのクロスオーバー周波数は?(その3)

 (上の写真は裏表紙です。東芝の名球、6GB8、池田先生御愛用の6GA4などの宣伝です。私、暫くデンオンのPOA1000Bという6GB8P.P.を使ってました。音もデザインも素晴らしかったです。  6GB8、中国、ロシア、東欧などで再生産したら売れると思いますがねぇ) 仮説3.クロスオーバー40Hz   個人的には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

池田邸スタジオの3DウーハーとWE15aのクロスオーバー周波数は?(その2)

   仮説1.を書いた後で古書の「3Dステレオの全て」を入手しました。当時の評論家・研究家の分担執筆で、池田先生も一章を受け持たれています。ここではクロスオーバーが250Hzで良いと書いてありますが、記事によるとWE15aをサブウーハーとして、他のスピーカー(755や728あたり?)に左右チャンネルを受け持たせていたのかもしれません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田邸スタジオの3DウーハーとWE15aのクロスオーバー周波数は?(その1)

 (写真は今回入手した古書、1966年発刊の「3Dステレオの全て」です。中表紙の広告はYL音響のオールホーンシステム、その隣のページはビクターのオートチェンジャー付き電蓄です。マニアックな製品と家庭向けの製品が同じ本に広告を出している辺りがHIFI黎明期らしくて良いですね。  よく見ると、このビクターの電蓄は3Dシステムです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE555のローカットコンデンサーを変更しました

 (WE555のローカット用にKEMETの100μFを使いました。ターミナルはオーディオテクニカの真鍮金メッキです。非磁性体ですが、カーオーディオ用なので高くはありません。)  ベンプレ亭書斎のWE13aシステムの中域を受け持つWE555は、LC型チャンデバで100Hz以下を12db/octで落とし、WE124Aパワーアンプの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートレイ224HS一本を、心ならずも(?)入手してしまいました…

(入手してしまったハートレイ224HS+後面開放箱です。キャビネットの足元の段ボールはまだ取り除いていませんw)  ベンプレ亭書斎では過去にいくつかのサブウーハーを使いました。現行はバスビンシステムにBOSE AWCS-1、ロンドンWEシステムにエレボイEVX-180B+JBL4518箱、グッドマンAXIOM22にフォステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE555、WEロンドン30150Bにローカット用コンデンサーを咬ませてみました

(ローカットコンデンサーの実験中です)  WE555のローカットを行う是枝Lab.LCチャンデバのカットオフ周波数を100Hzまで上げましたが、ヤフー知恵袋で質問に答えてくれた方も、是枝さんも100Hzでは12db/octでもやや不安との御意見です。  パワーアンプに行く信号は、プリアウトを是枝Lab.LCチャンデバ改造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE555のドライブアンプを6L6GC無帰還シングルに変更してみましたが...

 (無線と実験のキット、6L6GC無帰還カソードチョーク・シングルアンプです。チープですが不細工では無いと思います) 続報です。  Cの値を0.264μFから0.144μFに変更した是枝Lab.LCチャンデバを、オーディオマエストロさんで計測してもらいました。  カットオフは84Hzになっていましたので、パラっているコンデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE555のローカット周波数を60Hzから100Hzに変更しました(その2.)

 さて今更ですが、使用中のLCチャンデバの実動作時カットオフ値を知るために、ランシング415ダブル+JBL4550にLCチャンデバを仕込んでみました。  なぜWE555ではなく415で計測するかと言いますと、WE555+WE13aはフルレンジの信号を入れても60Hzから下は減衰していますので、カットオフ値の実測には適さないと思うか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE555のローカット周波数を60Hzから100Hzに変更しました(その1.)

 (実験中にていつも以上に配線がゴチャゴチャのベンプレ亭書斎ですw)  WE555のドライブアンプ、WE124Aへは是枝Lab.LCチャンデバで60Hz以下を12db/octで切った信号を入れています。  一般にホーンのホーンロードがかかる値、カットオフ周波数はホーンの広がりのカーブ、ホーンの長さ、そして開口部のサイズの3要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムの右chにウエスタンエレクトリックロンドン30150Bを入れました

(写真はWE13aホーンのスロートに装着したWEロンドン30150Bです)  WE13aシステムの右chのWE555の振動板(エール音響製)を先日飛ばしてしまいました。こちらは修理をお願いする予定ですが、その間のつなぎとして写真の様に、以前譲っていただいたWEロンドン30150Bを使用する事にしました。  30150Bは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アルテック639B用マイクプリをお借りしました&新年早々、WE555の振動板を飛ばしてしまいました…orz

 少し前にアルテックのビンテージマイク、639B(通称・鉄仮面)を譲っていただきました。このマイクはリボンマイクにてマイクプリのゲインが70dbくらい必要だそうです。  60dbくらいのマイクプリはいくつかあるのですが 、70dbとなるとなかなかありません。  コレがイケると教えていただき、AMPEX6445をe-Bay(英語が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年・お正月は書斎の模様替えをしました

 皆様、あけましておめでとう御座います。今年も宜しくお願いします。  例年にない暖かいお正月でしたね。地球温暖化は一段と速度を増しているのかもしれません。  お正月は私の実家、妻の実家にお邪魔したこと、お墓参りに行ったことぐらいでゆっくりさせてもらいました。  ジムは二回行きましたね。  今日から仕事始めですが、今日は土曜日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UHDBDプレーヤー修理完了です・それでは皆様良いお年を

 今日は1週間ほど前にお願いしていたUHDBDプレーヤーのパイオニアUDP-LX800の修理が完了との連絡があり、大阪の日本橋まで受け取りに行きました。  映像とアナログ音声は問題ないのですが、デジタル音声出力が出ないため調子を見てもらいました。  購入したお店に持ち込みましたが、やはりデジタル音声は出ません。それで販売店からメーカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀のオーディオの先輩お二人を訪問してきました

 昨夜、滋賀のオーマニ氏2名と大阪、兵庫のオーマニ氏2名、ベンプレ親父の計5名で忘年会。今日は朝から滋賀のお二人のオーディオルームにお邪魔しました。  赤穂からは行きも帰りも新快速一本でのんびり移動しました。  Y氏はこの半年でオーディオルームを改装、防音と残響時間の調整を行っておられました。低域のバッフルは厚さ50mm(!!)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムのパッシブチャンデバをウェルフロートボードで浮かせました(駄?)

 ベンプレ亭書斎のWE13aシステムのチャンデバは全てパッシブ型で、ウーハーのランシング415用が是枝Lab.LCチャンデバ(90Hz以上12db/octハイカット)、スコーカーのWE555用も是枝Lab.LCチャンデバ(60Hz以下12db/octローカット)、ツィーターのJBL 075励磁改造用は自作CRチャンデバ(4KHz以下6d…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WE13aシステムのチャンデバ、最終形(?)完成です(その2.)

 (415ハイカットのLCチャンデバと075励磁ローカットのCRチャンデバを並べて置いています。地味ですなーw)  さて075励磁のローカットですが、CRチャンデバで4KHzを6db/octでカット、コンデンサーで4.2KHz以下を6db/octでカットとなっており、実質的に4KHz以下を12db/octでローカットした様にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムのチャンデバ、最終形(?)完成です(その1.)

(作り直したCRチャンデバの内部です。4KHz以下を6db/octでカットするだけの簡単な物です)  このところ弄り回しているWE13aシステムですが、現在は以下のようになっています。 1.WE555+WE13aを振動版破損予防の是枝Lab.LCチャンデバ(60Hz以下を12db/octでローカット)を入れただけでフルレンジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムを全面的に見直しました(その2.)

 上からWE13aシステム全体のF特、順番にランシング415、WE555、075励磁改造を単独で鳴らしたF特です。  WE555+WE13aに415と075をチョイ足しした感じになっていると思います。  スマホのアプリ、Sound Toolsのリアルタイムアナライザーを使って測定してみましたが、415用のWE124J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムを全面的に見直しました(その1.)

 (サブウーハーのエラック2090、ミッドハイのJBL LE85励磁改造、ツィーターのフォステクスT500AmkⅡを使用中止、サブウーハー、ミッドハイは無し、ツィーターはJBL 075励磁改造にしました。床に並べていたアンプ群もラックに収めました。  アンプラック、カッコエエなあと眺めていましたが、普通の人が見ればガラクタが並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またしてもWE13aシステムのパッシブチャンデバを作り直しました(その3.)

 WE13aシステムに完成したパッシブ型チャンデバBen-PreⅦ・4を組み込んでレベル調整し、F特をいつもの日本オーディオRC-2で計測…と言いたいところですが、時代も令和ですから、スマホアプリのAudio Toolsの「高速フーリエ変換」というソフトを使用してみました。  パソコンからピンクノイズをアンプに入れ、これをスマホで拾う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またしてもWE13aシステムのパッシブチャンデバを作り直しました(その2.)

(シャーシ内部です。スペースは空いていますので、後からCを追加するなど、改造は楽だと思います。一つ完成させてから次を作ったので、配線の枝振りやRCAジャックの位置が少し異なっています)  回路図は上の様です。  ローのランシング415に行く信号はローカットのみ、ミッドローのWE555へはローカット+ハイカット。ハイのT500…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more