晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS RCAトランスクリプションアームでGEバリレラを聴いてみました

<<   作成日時 : 2017/02/21 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (RCA MI-4875-Gアームを取り付け3本アーム、満艦飾となったRCA70-C1モビー・ディックです)
画像

 (バリレラ+トランスクリプションアームで演奏中です。グレイ108Cはひとまず片付けています)

 先日ベンツマイクロACE SHが届き、RCA70-C1モビー・ディックのステレオカートリッジ用としてベルドリームSA-750LBに装着して使用を開始、大変いい結果が出ている事を書きました。

 実は前後してRCAのトランスクリプションアーム+GEバリレラ型カートリッジRPX-050(だと思う)とフェアチャイルド205Eパッシブ型フォノイコライザーが埼玉のS.E.E.オーディオより修理完了して帰って来ました。
 という訳で、このところイロイロ実験していました。
画像

 (写真はRCA MI-4875-G、GE RPX-050です。RCAはピュアストレートアームなんですね。なんだかモダンかも。
 アーム内部のトランスは、バリレラには不要なので取り外し、内部配線も細いコードに変えてあります。
 削り出しで作ってもらったカートリッジ取り付け用の金具は先端に木材が貼ってありオシャレですなw)
画像

 バリレラカートリッジですが、ルーペでLP用の針先をよく見ると、かなり丸まっていて、どうやら針交換が必要みたいです。
 レコードを痛めても困りますので、この針でモノLPを再生するのは止めて、新古品の交換針をヤフオクで買いました(実はオリジナルの替え針を一本頂いているのですが、なにしろ最初に針をレコードの降ろす時にアームの調整が悪くて、いきなり針先のチップを飛ばしたことが有るので、お宝は取っておきます)。

 サードパーティーの品ですが、写真では針先はしっかりしていますし、出品者の評価も良く、安かったので良いでしょう。
 どうもバリレラの針交換はサードパーティーが普通の様です。MM型なんかも古いヤツはJICO針ですから仕方ありませんな。

 針を交換し、RCA MI-4875-Gアームをモビー・ディックに取り付けましたが、最初は針圧を適正(5.0g)にしてもアームが外側へ流れてしまいます。正面からよく見ると、アームは水平ですが、カートリッジは微妙に外側を向いています。
 このせいかなあ?とアームベースの外側に厚紙(名刺を二枚折にした物)を挟むとカートリッジが正面から見て水平になり、アームも流れなくなりました。

 準備完了、ここで試聴と行きたいところですが、RCA MI-4875-GアームはGE RPX-050バリレラ型カートリッジよりもう一世代前のモデルで、LPを想定していないアームです。
 トランスクリプション盤とSPを再生するための物で、バリレラを装着するのも本来イレギュラーなはず。

 そうはいっても、トランスクリプション盤を先日デンオンDL102+グレイ108Cで掛けたところ上手く鳴りましたし、トランスクリプション盤の材質はLPと同じビニールです。
 針圧さえ正しくかければRCA MI-4875-Gアームでも感度が鈍すぎてLPで針飛びする心配は無いのでは。

 という訳で、モノラルLP、アート・ペッパーのモダンアートを聴いてみました。なるほど、好事家に評価される良さが有りますね。音に太さがあってゆったりと鳴ります。ハイスピードの現代風カートリッジとは一味も二味も違う音ですね。
 ペッパーのサックスもナカナカ風圧を感じる音で良いと思います。

 音のシャープネスはデンオンDL102+グレイ108Cの方が上です。S/N比もDL102に軍配が上がります。再生音にはどちらにもそれなりの良さがあると思います。正直、バリレラが此処までヤルとは思いませんでした。

 バリレラ型カートリッジが真価を発揮するSPレコード、トランスクリプションレコードはいくらも持っていないので、バリレラの使用頻度は低いと思います。針圧5.0gも常用としてはどうかなと思いますので、モノLPはDL102に任せる事にします。
 音はホントに捨てがたいんですよ、バリレラ。

 バリレラ型カートリッジもトランスクリプションアームも今回が初めての経験でしたが、いや、面白い経験をさせてもらいました。オーマニ歴40年に箔が付きましたぞw

 ご協力いただきました皆様に深謝いたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
RCAトランスクリプションアームでGEバリレラを聴いてみました 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる