晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤穂中央病院で「ラ・ボーチェ」さんのミニコンサート&VSタイ戦に想う

<<   作成日時 : 2017/03/29 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日、赤穂中央病院のオルガンホールで岡山県の女性声楽合唱団「ラ・ボーチェ」さんのよるコンサートが開催されました。
 一曲目はオルガンの演奏、その後はオペラアリア(私を泣かせて下さい)、山田耕作から日本の小学校歌唱まで。
 中の一曲は会場のお客様と一緒に歌う構成もあり、お客様皆さん楽しまれたと思います。

 司会兼合唱リーダーの方がこの手のボランティアコンサートにはとても慣れておられる様で、安心の品質でした。

 さて、昨日でWCアジア最終予選、3月シリーズが終了しました。日本はUAE、タイと連勝し、グループB首位に立ちWC出場へ前進しました。

 しかし…昨夜のタイ戦を観ますと、正直な所…サムライブルーの弱体化は明らかですね。

 タイはゴール前を固めて、日本がそれをこじ開けようとシュートの雨を降らせる展開を予想していましたが、タイは真っ向勝負でした。
 シュート数、CK数共にタイが日本を上回り、川島がPKを止めた事もあり4-0のスコアにはなりましたが、内容は寧ろ押されていたのでは。

 タイの選手、前半の中ごろからは手応えを感じた様で、最後まで果敢に攻撃を仕掛けてきましたね。少しの幸運がタイにあれば、ドロー若しくはタイの勝利もあり得る内容でした。

 正直な所、日本は前回のブラジルWC前よりも実力が低下したと思います。
 ザック率いるJAPANはフランスともイタリアとも敵地で勝ち負けの勝負が出来ましたが、FIFAランク120位台のチームに伸び伸びとサッカーをさせる今のチームではとても無理でしょう。

 タイのCBは身長が有りませんので吉田のヘッドを止められませんでしたが、欧州、南米のチームなら止めるでしょう。岡崎のダイビングヘッドはプレミアでも彼の武器ではありますが、WC本戦では容易に成功しないでしょう。
 辛口ですが、光ったのは久保のミドルだけじゃないかと思います(かつてはボールポゼッション、シュート数、CK数で上回りながらも決定力不足で試合に敗れる事の多かったJAPANにとって、久保、原口の決定力は朗報)。

 酒井(高)のボランチは無理でしたね。故障回復持ちの長谷部、今野のベテランに頼らねばなりませんかね。
 前回WCより進歩した選手は酒井(宏)とオマケして吉田くらいかな…
 川島は頑張ってますが、メスの第二GKがゴールマウスを守る様では…

 中盤に中村(俊)、小野、遠藤(保)のようなファンタジスタが居ないのも苦しいですね。

 しかし最後まで応援します。もしWCを逃すことが有っても、落胆はしますが応援は続けますよ。
 どのスポーツにも浮き沈みはある物です。直線的に強くなるはずは有りません。
 未来を信じてサポートしましょう。

P.S.
 タイチーム、お疲れ様でした。しかしタイがオーストラリアと2-2で引き分けたのがマグレでも何でもない事を埼玉でタイは証明しました。
 もう一皮むけたら、WC出場を争う、最初の東南アジアのチームになると思います。ホントにWC本戦に出れたら、タイはおろか、東南アジアの、アジアのサッカーの歴史は変わります。

 No.18は6月からコンサドーレ札幌に来るそうですね。楽しみにしています。
画像

 最近のパワーハウス赤穂所属選手の試合結果です。皆さんお疲れ様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤穂中央病院で「ラ・ボーチェ」さんのミニコンサート&VSタイ戦に想う 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる