晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS ステレオ針用の昇圧トランスもピアレス(ALTEC/PEERLESS)15095かな?

<<   作成日時 : 2017/05/30 11:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (そこら辺のペコペコの薄いアルミ弁当箱シャーシでデッチあげたステレオ用MCトランスです)

 先日、ブログでモノラル用カートリッジ、デンオンDL102にピアレス15095を導入して好結果が出ていることを書きました。音に元気があって、生き生きしていて宜しいです。
 そうなるとステレオ針でも15095、イイかも?と。

 DL102は出力3.0mv、インピーダンス240オーム。15095の150Ωで受けて10倍増幅です。ですからフォノイコライザー(マランツPH-1)には30mvが入力されて、過大入力かと心配しましたがクリップする様子はありません。
 ステレオ用にマイクロトラック740と組ませているベンツマイクロACE S SHは出力2.5mvでDL102より低出力ですから無問題でしょう。さらにインピーダンスが90Ωなのでますます好都合と思いました。

 15095は既に一つあるわけで、もう一つ仕入れればOKです。しかし流石に一個だけでは手に入らず2コ揃え、テキトーな弁当箱に取り付けてみました。
 このトランスは真空管のUS・8pソケットに挿して使用しますので、秋葉原のガード下でソケット、RCAジャック、アースターミナルを調達し、ちゃっちゃと組み立てました。

 早速音を聴いてみましたが、DL102で使用した印象と同じです。
 元気で、生き生きとしていて、透明感がありますね。レンジも狭いようには感じません。
 音は確かに良いです。

 でも多少問題が。従来から使用しているクラシック・オーディオのMCトランスMCT-1(の旧型モデル)と比べるとハム音が大きめです。
 透明感があってハム音が大きいなんて表現はヘンですが、そのように聴こえるのですから仕方ないですな。ハムと楽音が分離して聞こえるということなのか?

 ベンツマイクロは民生用なので何かとスキがあったり、音のためには目をつぶるところもあるのではとDL103に変更してみましたが、傾向は同じでした。

 音はピアレス15095の方が面白いので、しばらくコレで聴いてみます。しかし先でシャーシは変えなきゃなりませんな。
 メーカー品のMCトランスは何重にもシールドしたり、ダンプしたり、ノイズ対策に凝ったヤツがあります。15095も鉄板でぐるりと周囲を覆えばハムが下がるかもしれません。
 でもそうしちゃうと、このカワイイ、ウィスキーボンボンの様な深紅のトランスカバーが見えなくなっちゃうよね。
 
 追々、何か考えましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ステレオ針用の昇圧トランスもピアレス(ALTEC/PEERLESS)15095かな? 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる