晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 老健かみかわの近況&神河町のスキー場を覗いてきました

<<   作成日時 : 2018/02/09 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 ベンプレ親父はこれまで毎週木曜日、金曜日が東京勤務でしたが、東京曳舟病院、あそか病院他、東京の施設もかなり落ち着いてきましたので、原則、月末の経営会議のある週のみ木、金の東京勤務、その他の週は金曜日帰り東京勤務にしました。
 今日は墨田区で防災設備の打ち合わせのあと、築地本願寺であそか会の追悼法要でした。

 木曜日はここ数年、あまり覗けなかった、兵庫県内の施設を回っています。今週は兵庫県のど真ん中、生野銀山の南に位置する、神崎郡神河町の老健施設と健康増進施設を回ってきました。

 神河の老健は開設後10年を過ぎました。当初は46床でスタートしたのですが、町のお骨折りで78床に増床することができました
 2016年10月31日のブログhttp://91683924.at.webry.info/201610/article_19.htmlに書きましたが、1年半前には職員不足のため一時60床に減床せざるを得なくなり、町にお詫びに行きましたが、叱責されることもなく、「頑張れ」との激励をいただきました。
 その後職員雇用に以前以上に注力した結果、昨年末には再度78床に復活、一安心です。

 過去の失敗を経て、残念ながら過剰設備と言わざるを得なかったプールを町のご理解を得て閉鎖させていただきました。しかし、これまで以上に運動施設のパワーハウス神河と老健かみかわの連携を密とした結果、やや苦戦していた老健のデイサービスの可動も安定して来ました。

 デイケア、デイサービスは全国的にオーバーストアの傾向であるだけではなく、サービスの形態として短時間型、リハビリ中心型を求められるようになりました。
 過去の「終日ゆっくりご老人に寛いでもらう、楽しんでもらう」というスタイルは年々ウケなくなり、稼働率の低下に苦しむ施設が多い中、かみかわデイサービスは伯鳳会グループの中で一番早くスポーツジムとのコラボに舵を切り、稼働率を向上させています。

 さて、このように神河町の行政には多大なご協力を頂いている伯鳳会ですが、2年ほど前に、神河町が人工スキー場を作るらしいとの噂を聞きました。ほどなく、人工雪を作る機械(1600万だったかな?6000万だったかな?たしか6が付きました)を町が購入する資金を、「企業ふるさと納税」で賄う計画が発表されました。

 伯鳳会は日頃の神河町のご協力に多少でも恩返しをするために、目標金額の、たしか10%を「企業ふるさと納税」としました。
 今冬スキー場は無事オープン、当初の予想を上回る活況を呈しているそうです。

 ベンプレ夫妻は老健かみかわの回診を済ませたあと、件のスキー場(峰山高原リゾート)に寄ってきました。老健は神河町の中心部にあるのですが、ここから車で25分、距離にして18kmでスキー場に到着します。
画像

画像

画像

 ベンプレ夫妻がスキー場についたのは着いたのは夕方で、もう皆さん帰り支度をされていましたが、まだまだ駐車場はいっぱい、たくさんの人がいましたよ。
 バス停からリフトまで30m、大きなスキー場ではないものの、便利なスキー場です。これからも大いに賑わい、町の振興に寄与してもらいたいものですね。

 老健かみかわ、パワーハウス神河の職員も滑りに行ってくださいね。
画像

 写真はリフトの玄関口に掲示されたパネル、「企業ふるさと納税」を行った企業のリストです。一番左の列、下から二番目に「医療法人 伯鳳会」がありますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老健かみかわの近況&神河町のスキー場を覗いてきました 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる