WEロンドンのサブウーハー用チャンデバをLCパッシブ型に・赤穂忠臣蔵杯終了・暁明館クリスマス礼拝でご奉仕

 WEロンドンシステムのSW(Rch・エレボイEVX180B、Lch・ナショナルEAS46PL80の混成部隊)のハイカット用チャンデバはdbx223を仮に使用していました。オーディオマエストロさんにお願いしていたLC型のパッシブチャンデバが完成し、チャンデバを変更しました。  上の写真が是枝Lab.のパッシブ型LCチャンデバです。…
コメント:0

続きを読むread more

佐用のオーディオマニア様二名のお宅に訪問させて頂きました。

 本日午後、自宅の赤穂から北へ1時間、佐用町のオーディオマニア様二名のお宅にお邪魔させて頂きました。  お二方ともダイレクトラジエターの4wayマルチアンプシステムです。  ウーハーはJBL、ミッドローとミッドハイはデナウディオ(だったかな?)、ツイーターは上の方がムラタ、下の方はスキャンスピークでした。  上の方はアキュ…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムのパッシブチャンデバを作り直しました(その2)

 WE13aシステムに新しいチャンデバを入れてみました。上がサブウーハ(エラックSUB2090)あり、下は無しです。  高域はボリューム全開で使っていますが、音楽を聴くならもう少し落とした方が良いです。やはりポテンショメーターを入れておいて良かったです。  グラフを読む限りクロスオーバー周波数は150Hzと1KHz位でし…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムのパッシブチャンデバを作り直しました(その1)

 (作り直したWE13aシステム用パッシブチャンデバです。中域、高域ともにクロスオーバー周波数を少し上げました)    WE13aシステムは現在、6db/octのパッシブチャンデバを使って3wayとしています。このチャンデバのクロスオーバー周波数は、280Hz、2,3KHzで設計していますが、この周波数は後ろに繋ぐパワーアン…
コメント:0

続きを読むread more

今年最後の講演は新ネタ、病院建築でした

 今日は東京駅前のTKP東京駅セントラルカンファレンスセンターで今年最後の講演でした。  今回はミサワホームと提携して、「中小病院の病院建て替えイノベーションvol.2~地域ニーズをつかむ新戦略。課題解決型の病院建替え~の第二部「東京曳舟病院の事例から見る地域に選ばれる中小病院の戦略」を話してきました。  過去に病院建築…
コメント:0

続きを読むread more

環境ビジネスフォーラムでプチ講演&全日本サブジュニア、ジュニア、マスターズクラシックベンチ大会終了

 11月29日は大阪の淀屋橋で環境ビジネスフォーラム、ベンプレ親父はREactionの取り組みについてプチ講演をしてまいりました。  私の話はコッチに置いといて、面白かったのは環境省のお役人が話された「SDGs、ESG金融を考える」でした。  概要は聞いていましたが、世界中のマネーが化石燃料系の投資から引き上げられており、そ…
コメント:0

続きを読むread more

WEロンドンのサブウーハーをステレオにしました

 先日、WEロンドンの3DサブウーハーのユニットをナショナルEAS46PL80NAからエレクトロボイスEVX180Bに変更したことを書きました。  その時に二つのユニットを同じJBL4518箱に入れて計測しましたが、能率もF特も瓜二つでした。  これならサブウーハーをナショナルとエレボイの混成部隊にしてステレオ化してもイケる…
コメント:0

続きを読むread more

WEロンドンシステムのサブウーハーをエレボイEVX180Bに変更しました(その3.)

 EVとナショナルの測定をしてみました。EV、ナショナルのチャンデバ(JBL BX63)、パワーアンプ(マッキンMC2300ブリッジ接続)は同じです。  グラフで見るように、エレボイEVX180Bを仕込んだ4518箱もナショナルEAS46PL80NAを仕込んだ4518箱もF特はほとんど変わりません。  能率も同じの様で、ロン…
コメント:0

続きを読むread more

WEロンドンのサブウーハーをエレボイEVX180Bに変更しました(その2.)

 (上はJBL4518箱に仕込んだエレボイEVX180B、下はユニットがナショナルEAS46PL80NAです)    EVX180B、現在の用途はPA用ですが、以前にエレボイが家庭用SPとして販売していたジョージアンⅡの最終モデル、ジョージアンⅡBに使用されていたそうです。  オリジナルのパトリシアン、ジョージアンはモ…
コメント:0

続きを読むread more

WEロンドンのサブウーハーをエレボイEVX180Bに変更(その1.)

 (エレクトロボイスEVX180Bです。デカくて重いですな。マグネットはフェライトです。PA用に大音量で長時間鳴らすなら、アルニコより減磁し難いフェライトでしょう。スピーカーターミナルはJBLと同じバネ式です)  ウエスタンエレクトリックロンドン・システム(アルテック210箱+WEロンドン2080Aダブル、WEロンドン20…
コメント:0

続きを読むread more

全日本クラシックパワーリフティング選手権が終了しました

 全日本クラシックパワーリフティング選手権が長野県の白馬村で11月14日~16日に行われました。  参加選手が多くなり、一会場で開催しきれなくなり、男子一般部門は日を変えて、別会場で開催されましたのでサブジュニア、ジュニア、マスターズ、女子一般が白馬村開催です。  写真の様に既に山は冠雪していましたが、村はまだ雪が無く、寒い事は…
コメント:0

続きを読むread more

伯鳳会グループ合同防災訓練でした&環境省のSDGs(持続可能な開発目標)会合で報告をしてきました

 (伯鳳会グループ合同防災訓練後の記念写真です最前列左端がベンプレ親父)  少々ブログの更新が飛んでしまいました。このところ少々忙しく、夜になるとバタンキューでしたので。  11月は上半期の決算報告で銀行支店回りでした。福祉医療機構関西、三菱BK姫路、三菱BK錦糸町、みずほBK姫路、みずほBK錦糸町、三井住友BK姫路、三井住…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムを3wayパッシブ型チャンデバに変更しました(その3.)

(3wayマルチアンプになり、手前のEL60p.p.アンプがシステムに入りました。マッキンC40の上に置いてあるアルミの弁当箱が3wayパッシブチャンデバです。)  チャンデバ(Ben-PreⅥと命名)は直ぐに完成したのですが、ベンプレ親父はテスターとマイクで音を拾ってF特を測定するレスポンスチェッカーしか持っていませんし…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムを3wayパッシブ型チャンデバに変更しました(その2.)

 (パッシブチャンデバの内部です。シャーシの込み具合はちょうど良い感じですね)  制作にあたりクロスオーバー周波数を決めないといけません。WE555のローカットは現在250Hzですが、TA7257は300Hzです。  TA7257はWE15aホーンで使うNWですが、WE13aは15aよりも低域が延びているホーンです(ホーン長…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムを3wayパッシブ型チャンデバに変更しました(その1.)

(WE13aシステム様に自作した3wayパッシブチャンデバです。ATTは高域にしか入れていないので、ツマミはLR2個だけです。わざと左右の色を変えてみました。自作品はどうせ仕上がりではメーカー製に適いませんので、少しヘンな事をやらないとねw)  昨日は東京からの出張帰りに神戸で途中下車し、2月の録音会に備えて、お仲間と貸し…
コメント:0

続きを読むread more

ウエスタンエレクトリックにTA-7257ネットワークというのがあるそうです

 昨日プリンのお葬式を済ませ、今日から仕事に復帰しました。このブログは東京行の新幹線の中で書いています。  お葬式後、電動エアマットを引き揚げてもらい、添い寝用のマットレスを片付け、ペットシートや各種掃除道具、エサ入れ、水容器などを片付け、掃除機をかけました。  リビングがガランとしてしまい、家族を一人失ったことが実感されます。 …
コメント:0

続きを読むread more

プリンがレモンのところに行きました

 (おもちゃのボールを挟んで笑いあうプリン(右)とカボ。数年前の写真です。カボが小さいころは、プリンがおもちゃのロープをカボの前に持っていき、遊んでやっていましたね)  昨日pm1:30、プリンが老衰にて永眠しました。15歳7か月の命でした。  ラブラドールレトリバーとしては長命な方でしょう。  レモンよりちょうど2年長生…
コメント:0

続きを読むread more

全日本ベンチプレス選手権、大接戦でした

 昨日、一昨日は小田原で全日本ベンチプレス選手権でした。  パワーハウス赤穂からは渡辺ゆうじ選手が93㎏級に出場しました。  渡辺選手は過去何度も全日本選手権、世界選手権に勝っている強豪ですが、しばらくのブランクの後昨年全日本ベンチに復帰しました。  昨年は3試技失敗で失格しましたが、今回は捲土重来を期しての再挑戦でした。 …
コメント:0

続きを読むread more

スチューダーC37にアクリルカバーを奢りました(駄)

 ベンプレ亭書斎では2台のテープデッキを使っています。4Tr19㎝/sデッキはルボックスA77mkⅣ、2Tr38㎝/sデッキはスチューダーC37です。  どちらも水平に設置し(C37は水平でしか使えませんが)、EMTのマークが入ったベルベツトの布をホコリ除けに掛けています。  さてC37は使用時間3万時間を超える古強者で、少々メ…
コメント:0

続きを読むread more

WCラグビー、日本の素晴らしい挑戦が終わりました&エンパイア398をプチメンテ

 ラグビーワールドカップ、昨夜日本vs南アフリカの準々決勝戦が行われました。  日本はキックパスなどで南アフリカのDFを翻弄し、ボール支配率、陣地支配率で上回るなど、前半を3-5で折り返して健闘しましたが、3-26で惜しくも敗戦となりました。  ラインアウトを徹底的に研究されており5回のロスト、これが応えましたね。  また…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムのツィーター用ネットワークを変更しました(その2.)

 (JBL4550箱の上に乗せたハイカットフィルターです)  LE85励磁に入れるATTは手持ちのトランス式、フォステクスR100Tを使いましょう。  トランス式は絞っても音痩せが少ないため、より高音質だという意見があります。  いや、抵抗切り替え式のATTが一番という人も居ますし、実は普通のカーボンボリュームが音はBes…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムのツィーター用ネットワークを変更しました(その1.)

 (手持ちのウェルフロートの上に組んだクロスオーバー周波数1.2KHz~2.9KHz可変、減衰カーブ6db/octのLCローカットフィルターです)  注文してから待つこと3週間、ようやくパーツが揃いましたのでNWの製作です。  パーツ注文時は1.2KHz・12db/octでローカット、ハイカットのネットワークを組み、WE55…
コメント:0

続きを読むread more

パイプオルガン録音会でした&日本グループリーグ突破 !!&EMT139st修理完了です(^-^)/

 昨夜はラグビーWC、日本vsスコットランドでした。日本は勝つか引き分ければポッドAを1位通過でWC決勝トーナメント8強入りです。  先制点を許したものの、その後、後半の初めまでは完全に日本ペース、28-7となり、これはもう大丈夫かと思いましたら、その後はスコットランドペース。  ヒヤヒヤしましたが、最後は28-21で逃げ切りました…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムをパッシブチャンデバ+NWで仮繋ぎしました(その6.)

(ちょっと気取った写真を撮ってみましたが、どーもセンスないなw)  試聴記も書かないとw  音像位置を見るにはワンポイント録音が良いと思うのですが、聴きなれたものでないと。マルチマイクで弄り倒したヤツは除外しましょう。  最初に、ワンポイントではないと思うのですが、SACDでライブ録音のヴァント「未完成」から聞き始めま…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムをパッシブチャンデバ+NWで仮繋ぎしました(その5.)

(WE13aシステムのアンプ群です。WE124A、WE124Jはラック内に収めました)  それからディレイに関してはもう一つ疑問があります。  以前、アキュフェーズDF55というデジタルチャンデバを使っていました。当然ディレイ機能があるのですが、オートディレイという機能がデフォルトで付いていました。  クロスオーバー周波数…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムをパッシブチャンデバ+NWで仮繋ぎしました(その4.)

(マッキンC40の上に乗せているアルミダイキャスト未塗装の箱がCRパッシブチャンデバ、ラックの外側にある黄色いトランスカバー(中身はコイル)があるのがLCパッシブチャンデバです)  自分のシステムはさておき、「ハイファイ・スピーカー」の内容を信じると、音像を合わせるのには振動版の位置を合わせてもダメという事です。  それには…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムをパッシブチャンデバ+NWで仮繋ぎしました(その3.)

 ネットで注文していた古本、中島平太郎先生の「ハイファイ・スピーカー(日本放送出版協会、1968年1月20日初版)」が到着しました。本書のp94、第4章ホーン型ダイナミックスピーカー2.6に「音源の位置」の記載があります。内容は僅か2/3ぺージ、図表2つだけです。  理屈にはほとんど触れられておらず、結論だけが書いてあります。 …
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムをパッシブチャンデバ+NWで仮繋ぎしました(その2.)

(You Tubeにあるスィープ信号です)    次にスウィープ信号を入れて、音像がどのくらい動くかを確かめてみました。これはお知り合いになった群馬の方に教えてもらった方法です。  その方はデジチャンは使われず、ユニットの位置調整で位相、時間差を合わせておられます。  聴取距離から振動版までの距離を合わせるのを原則にして…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステムをパッシブチャンデバ+NWで仮繋ぎしました(その1.)

 ひとまず250Hz、6db/octのパッシブチャンデバが完成しましたが、1.2KHzクロス、12db/octのネットワークパーツは月末または11月まで届きません。  パーツが揃うまで待てばいいのですが、年を取ると先を急ぐもので、ここは手持ちのパーツで実験してみる事にしました。  以前WE13aシステムの高域にJBL075励磁改…
コメント:0

続きを読むread more

再生可能エネルギー100%宣言 REactionのプレスリリースに呼ばれました

 本日am10:00より新橋で行われたREaction発足プレスリリースに参加企業代表としてスピーチを頼まれました。  マスコミはTVが一社、他に朝日新聞、日経新聞、日刊工業新聞、各種雑誌など数十社がつめかけてくれました。  REaction https://iges.or.jp/jp/news/20191009-press…
コメント:2

続きを読むread more

WE13aシステム、パッシブチャンデバ+NWへの簡略化を目論み中(その5.)

 (先日送っていただいたアルテック639B鉄仮面用のトランス。凄いでしょ、UTCですぞ。  あの、まだ使い方の勉強をしていないので、どうつなぐのかもわかりません。写真が無いのも寂しいので貼りましたw)  kk様のブログで面白かったのはもう一つ、「振動版の位置が同じでない方が、音像が小さくなる」というご意見です。WE、アルテッ…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム、パッシブチャンデバ+NWへの簡略化を目論み中(その4.)

 (写真は以前に作ったラ・スカラ用のCR型チャンデバです。Cはオレンジドロップを使いました。ラ・スカラと一緒にお嫁に行きました。)  ここまで疑問を持たない様にしてCRチャンデバをちゃっちゃと作ってしまいましたが、ヤマハDME24Nデジチャン仕様のWE13aシステムには「位相と音像の位置を揃え、音像を小さくして定位を確かなもの…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム、パッシブチャンデバ+NWへの簡略化を目論み中(その3.)

 さて、ひとまず250Hzクロス、6db/oct減衰のCR型チャンデバが完成しました。次は1.2KHzクロスのLCネットワークの制作ですが、一部の部品が入荷待ち3~4週間という事で、先にCRチャンデバの調子を確かめてみました。  WE13aシステムは5wayシステムでそのうち4wayがマルチアンプなので、パッシブチャンデバのクロス…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム、パッシブチャンデバ+NWへの簡略化を目論み中(その2.)

 (パッシブチャンデバBen-PreⅥの内部です。CRだけでATTもない簡素な造りです。自分では調整もできない複雑なヤマハDME24Nデジチャンと比べたら、旧石器時代みたいな回路ですなw)  さて、チャンデバのクロスオーバー周波数はどうしましょう。  1KHzまでならどこでクロスさせてもOKでしょうが、WE555をある程度下…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム、パッシブチャンデバ+NWへの簡略化を目論み中(その1.)

(250Hzクロス、6db/octのパッシブチャンデバ、Ben-PreⅥを作りました)  WE13aシステムは是枝プリからヤマハDME24Nデジチャンに入れ、4wayに分割、以下の様に組んでいます。 1.~81.8Hz 高域減衰48db/oct、パワーアンプ内蔵SUB2090(モノラル) 2.~290Hz 高域減衰24…
コメント:0

続きを読むread more

オルトフォンSPU wood Aの昇圧を外部MCトランスに変えました

(398タンテの後ろ、PH-1フォノイコの横にある銀色のヤツが今回導入したMC昇圧トランスです)  先日からSPUをオルトフォンRMA309に取り付け、エンパイア398タンテで聴きはじめました。  フォノイコライザーにマランツPH-1を使用し、このMC-LoにSPUの出力を入れています。  低域が充実したピラミッドバランス…
コメント:0

続きを読むread more

秋のコンサートシーズンです&このところのビックリニュース

(2019赤穂国際音楽祭初日、赤穂城本丸門跡の特設ステージ。これはネットから拾いましたので、不都合な場合はご連絡ください)  10月に入っても30℃超えとか、異常気象が続いていますね。地球温暖化は深刻です。  しかし暦が進みますとコンサートは予定通り行われますぞ。  9月28日土曜日は赤穂国際音楽祭のほのぼのコンサート…
コメント:2

続きを読むread more

悪銭身に付かず、LPプレーヤー・エンパイア398を…(その3.)

(SPU wood AでLP再生中のエンパイア398です) (モーターを吊り下げているゴムです。まだフワフワです) (398のモーターです。本当は115V仕様だと思いますが、100Vで問題なく使えています)  エンパイア398のモーターは立派ですね。EMT927と比べちゃいけませんが、昔使っていたマイクロトラック7…
コメント:0

続きを読むread more

悪銭身に付かず、LPプレーヤー・エンパイア398を…(その2.)

 (エンパイア980にオルトフォンMC-3 turboを付けました)  ベンプレ亭書斎のタンテはギアドライブ(RCA70-C1)、アイドラードライブ(EMT927st)、ダイレクトドライブ(デンオンDN308F)の3機種です。もう十二分ですが、もう一台追加するならベルトドライブが欲しいですね。  ロングアームが付くベルト…
コメント:0

続きを読むread more

悪銭身に付かず、LPプレーヤー・エンパイア398を…(その1.)

 スポーツが熱いですね。ラグビーWCは日本がロシア、アイルランドと連勝、決勝トーナメント進出に大いに望みが出てきました。  それにしても世界ランキング2位のアイルランドにスクラムで勝ち、ボールハンドリングで勝ち、スタミナで勝っての完勝とは驚きました。    わが阪神タイガースも奇跡の6連勝、最終戦の中日戦に3-0で勝利し、最後の最…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム様にWE124アンプを2ペア導入してしまいました…(その4.)

  (ラック下側の2段にWE124Jを納め、ラックの前には是枝バッファーアンプとWE124Aを置きました。左端の赤いスライダックから124Aの電源を取っています)  講釈は程々にして繋いでみましょう。  ヤマハDME24Nデジチャンの~290Hz出力を是枝バッファーアンプを介してWE124Jへ。250~1180Hz出力を同…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム様にWE124アンプを2ペア導入してしまいました…(その3.)

 (600Ω入力トランスを使用するための真空管式是枝バッファーアンプです。WE124A用と124J用は回路が違うそうで、124J用は少し低域を持ち上げているそうです。  415を仕込んでいるJBL4550はフロントロードホーンのカットオフが100Hz位だと思いますから。  それにしてもレトロモダンなデザインですね。鉄腕アトムのお…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム様にWE124アンプを2ペア導入してしまいました…(その2.)

(写真はWE124Jです。こちらにはデイブンのATTと電源スイッチが付けられています。ATTとトグルスイッチを取り付けた黒い板が良いアクセントになっていてカッコイイかも)  ベンプレ亭書斎のWE13aシステムはマルチアンプシステムですからWE124A、124Jの2ペアともGETする事にしました。  ここでWE124について…
コメント:0

続きを読むread more

WE13aシステム様にWE124アンプを2ペア導入してしまいました…(その1.)

 (WE124Aです。電源スイッチが無いので、赤いスライダックで電源を投入します。中国製ですが、デザインも色使いも良いと思いません? なお、後ろにダンボール箱だのプチプチだのが写っているのはご勘弁を。梱包を解きながら写真を撮りましたので)  WE13aシステムはサブウーハーのエラックSUB2090がパワーアンプ内蔵、低域…
コメント:0

続きを読むread more

国体公開競技・クラシックパワーリフティング大会でした

 9月21日~23日はつくば市で国体公開競技・クラシックパワーリフティング大会が行われ、ベンプレ親父は役員として参加してきました。  写真はスーパーヘビー級(+120kg級)の樋田選手。  ノーギアスクワット350㎏の日本記録、TOTALも851㎏の日本記録でした。  フルギアの日本記録は三土手大介選手の出した430㎏です…
コメント:0

続きを読むread more

幸坂優衣さんのソプラノコンサートでした

 9月17日火曜日は赤穂中央病院1Fオルガンホールでソプラノ幸坂優衣さんとオルガン・電子ピアノ青木紗絵子さんのコンサートでした。  写真中央が幸坂さん、左が青木さんです。  幸坂さんは昨年大学院を卒業され、岡山大学脳神経内科の秘書のお仕事をしながら音楽活動を行われています。青木さんは大学院在学中だそうです。  先日、岡…
コメント:0

続きを読むread more

全日本マスターズクラシックパワー大会でした&広報あこうに玄武会の山本さんが取り上げられました

 9月14日、15日に岐阜県美濃加茂市のプラザちゅうたいにて全日本マスターズクラシックパワーが行われました。総勢231人出場の大きな大会になりましたが、進行は極めてスムーズ、来年12月のアジアクラシックパワーリフティング選手権も安心ですね。  パワーハウス赤穂からは写真の小笠コーチ(M1、105㎏級、total582.5㎏)、…
コメント:0

続きを読むread more

6CA7p.p.無帰還アンプ・Ben-PreⅤをランシング415用に制作しました(その4.最終回)

   (低域用を自作6CA7無帰還p.p.、高域用を自作6L6GC無帰還シングルに変更しました)  試聴はSACDで。クライバーのトリスタンとイゾルデ、第三幕です。  この前奏曲は低弦のユニゾンから始まるのですが、どうも音が硬くなってロンドンウエスタンやバスビン程上手く鳴りませんでした。  しかしアンプを6CA7無帰還p.p…
コメント:0

続きを読むread more

6CA7p.p.無帰還アンプ・Ben-PreⅤをランシング415用に制作しました(その3.)

 今夜、WE13aシステムの415を繋いでいる是枝アンプ6550p.p.を外して代わりにBen-PreⅤを繋ぎました。  日本オーディオのRC-2でF特を測り、415の音圧が適正になるようにBen-PreⅤのATTを調整し、試聴と目論みましたが…  ここで見込み違いが。Ben-PreⅤのATTを全開にしても中域のWE555や高域…
コメント:0

続きを読むread more

6CA7p.p.無帰還アンプ・Ben-PreⅤをランシング415用に制作しました(その2.)

 (配線の様子です。シンプルな無帰還アンプも、ベンプレ親父の手にかかるとゴチャゴチャですな。これじゃ故障しても治せませんぞw)  特注パーツの代替品選定ですが、OPTはゼネラルトランスPMF40-6.6K-NFにしました。記事のタムラ特注OPTはZp-p=6.6KΩという半端な値だったので近似のもので良いだろうと探しましたが、…
コメント:0

続きを読むread more