JBL LE175、ツィーターとして使用します(オマケ編)

 実はこのLE175は私が初めて使ったJBLのユニットです。
 私がオーディオを始めた40年余前はJBLの全盛期でした。
 岩崎千明先生の豪胆と繊細が同居した魅力的な評論でD130、ハークネス、パラゴンが評判になり、実は苦労人の菅野沖彦先生が著された正統派の評論で375、HL88が注目され、ベイシーの菅原正二さんの2220B、HL90も注目を集めていました。
 瀬川冬樹先生の音が聴こえてくるかのような素晴らしい評論文とともに氏の愛用する4341、4343、4344が売れに売れていました。

 ミニスピーカーを除いて、歴史上日本で一番売れたスピーカーはJBL4343だそうで、なんと1万セットも売れたそうです。輸入代理店のサンスイ(既に倒産)は自社製品よりもJBLで食べていたとか。

 私は国産のコーラルFLAT5自作箱のあとはタンノイHPD385A自作箱に行きました。五味康祐先生の「西方の音(さいほうのおと)」に傾倒しておりましたし、猫も杓子もJBLに逆らう気持ちもありました。
 
 当時のJBLの音を私が嫌いだった訳ではありません。アルテック、タンノイでは出ない分析的な音、隅々まで描き出す緻密な音には憧れもありました。

 40年の時を経て、JBLは現在のHIFIの主流ではなくなりました。今はノンペーパー小型ウーハーの複数個使用、ドーム型のミッドレンジとツィーター、トールボーイでバッフル面が極小、密閉型、低能率がハイエンドです。
 JBLは創業者の意に反して、今ではSR中心のメーカーになっています。

 こうなるとね・・・ベンプレ親父はボチボチJBLを使いたくなっちゃうんだよね。これは生まれついての性分だから、どうにもなりませんなw

 JBL LE175はジェームス・バロウ・ランシングが実際に設計製作した最後のドライバーだそうです。
 ランシング・マニファクチャリングが経営不振でアルテックに吸収されアルテック・ランシング社となった時に作ったドライバーが288、ランシングが再度独立してランシング・サウンド・インコーポレイテッド社を起こした時に作ったユニットが175だとか。
 私はあるマニア氏の自宅で、ランシング・サウンド・インコーポレイテッド社当時のブルーグレイの175を見せてもらったことがあります。

 その後、アルテック・ランシング社がランシングの名前をつけることに異議を申し立て、ランシング・サウンド・インコーポレイテッド社はジェームス・B・ランシング・サウンド・インコーポレイテッド社=JBL社に社名を変更したそうです。私のLE175はJBL社になってからの製品です。

 高名な375ドライバーはランシング氏が経営不振のために自ら人生にピリオドを打ったあとに作られたものだとか。うーむ、JBL LE175、WE13A+WE555のツィーターとして充分な来歴ですなw

 (LE85の前身である275ドライバーはランシング氏存命中の製品でしょうか?ご存知の方、コメント欄で教えてくださると嬉しいです)
画像

 さて上の写真、LE175のバックカバーを止めるネジの上に赤い蝋が垂らしてあり、小さなJBLの押印があるのがお分かりでしょうか。
 譲っていただいた方からお聞きしたのですが、この赤い蝋が付いているものはバックカバーが一度も外されていないことを示し、ダイヤフラムがオリジナルである証拠だそうです。
 生産時はネジの緩み防止に蝋が垂らされたんじゃないかと思うのですが、50年の時を経て別な意味が出てきたというビンテージらしい面白い事象ですね。

 バックカバーの内側には防振のためにスポンジが貼ってあると思います。スポンジは材質によっては経年劣化して粉状になるヤツがあるので、カバーが開けられていないなら開けられていないで心配しちゃうのはベンプレ親父の小心なところです。幸い、ユニットを振ってみたところ特に異音はしません。
 この当時のスポンジは大丈夫のようですね。

 今、今夜のオペラの予習にドミンゴのJ・シュトラウスⅡ「こうもり」のCDを聴いています。JBL LE175はもっと刺激的な音かと思っていましたが、7.5KHzから使うと結構しっとりした音でクラシック向きですよ。
画像

P.S.
 先ほど新国立劇場で「こうもり」を診て、ホテルに入りました。
 もちろん生は楽しいのですが、今日は老眼鏡を忘れて字幕が読めなかった上、1F奥の席で上に二階席が張り出していたためか、やたらと暑く、行儀が悪いですが、ネクタイも上着も外して聴きました。

 ( `・ω・) ウーム…
 好きな時間に、好きな音量で、好きな格好で、好きな室温で、なにかヤリながら聴けるバイタボックス・バスビン、ロンドンウエスタン2080・2090、WE13Aシステムで聴くオペラも悪くないよね。
 ブルーレイ&プロジェクターで観れば、映像付きでセンターチャンネルのオイロダイン、エフェクトスピーカーのラ・スカラ、シーメンス・コアキシャルも聴けちゃうしねw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック