晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 112.0kg やっぱり真空管の銘柄で音が違うのですか・・・?

<<   作成日時 : 2018/08/03 10:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

 (左が松下電器、右がエレクトロハーモニックの12AX7です)

 先日、WE13aシステム用にナショナルEAS46PL80サブウーハーを駆動しようと、上杉式の真空管式3Dチャンデバを作った事を書きました。
 完成後に使用すると、初めはガサゴソノイズが出ていましたが、真空管のエージング不足だったのか、しばらく通電していると消失しました。

 今はEAS46PL80をWE13aからロンドンウエスタン・システムに配置替えして聴いていますが、なんとなく3Dチャンデバのエレハモの12AX7を、秋葉原のラジオデパートで買った松下電器のNOS球、12AX7に取り替えてみました。

 エレハモ12AX7は初期にノイズが出ていたので、まあ念のために取り替えてみただけです。EAS46PL80の再生する周波数帯域は25〜65Hz程度ですので、別に音質向上に期待したわけではないのですが・・・

 暫く聞いていると、どうも松下電気12AX7に取り替えてからの方が良く聞こえます。低域の伸びも弾みもエレハモ12AX7の時より上のように聴こえます。
 そんなはずはないと思うのですが、やっぱりその様に聴こえてしまいます。

 アンプはコンデンサー1個、抵抗1個で音が変わるそうで、トリオ(現ケンウッド)の故・中野英夫会長の自伝など読むと、メーカーも良い音のする部品集めに苦労していたようです。
 この本(音楽、オーディオ、人々)に、印象的なエピソードがありました。

 かつてのトリオは通信機とオーディオの専業メーカーでしたので、社員もオーディオマニアだらけ。この中のひとりが自分の趣味で作ったアンプの音がとても良く、そのミソは使用している国産コンデンサーにあったそうです。
 このコンデンサーでトリオはアンプを作り売り出しましたが、音の良さが評判となり大ヒットしたそうです。

 すわ増産、と会社が色めき立つと、既にこのコンデンサーはディスコンになっていました。
 社員が秋葉原、日本橋を駆け回り、パーツ店の店頭品をかき集め生産を継続しましたが、在庫が不足してきます。
 トリオはコンデンサーのメーカーに既にディスコンになったコンデンサーの再生産を依頼しましたが、製造ロットは何千個からだと。
 
 そんなには必要ないのですが、また何かに使えるだろうと、エイヤッで注文したそうです。
 ところが再生産された件のコンデンサー、明らかに音が違っていて、使い物にならず。
 アンプはまだ売れ続けていたのですが、手元にかき集めたディスコン前のコンデンサーが底をついた時点で、大ヒットアンプを泣く泣く生産完了にしたそうです。

 トリオは上場企業ですから、利益が生まれるなら生産を継続していたはずです。しかし、再生産コンデンサーの音では社の評判を落とし、長期的には損失を生むとの判断でアンプの生産中止を決めたのでしょう。
 ですから、コンデンサーで音が違うことは間違いないと思います。

 コンデンサーよりよほど複雑な部品である真空管で音が違わないはずはないのでは。でもその、今日までソコには踏み込まないようにしていました。
 もともとビンテージ物のパーツが多いベンプレ亭書斎のオーディオ製品ですが、これに加えてテレフンケンだ、シーメンスだ、ムラードだと凝り始めたらどうなちゃうか自分でも心配ですので。
 
 だいたい、テレフンケンもシーメンスもGECも私がオーディオを始めた頃は腐るほど売ってました。値段も安かったので、今の価格では買う気がしないですよw

 でもやっぱり球の銘柄で音は違うのでしょうね、今回のエレハモと松下の差を聴くと。
 球の銘柄を変えて遊ぶのを最近では「球転がし」と言うそうですが、そこまで凝っちゃうとアブナイ人ですよねぇ。

 今回は、「エレハモが不良寸前だった」ということにして、知らん顔します。

 いや、でも・・・松下のNOS球は音が良いのですが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ご購入いただいたLeakに装着した真空管が、当時のMullardやBrimarなのはそのせいです。
もちろん中古ですが、現行の真空管にすると、新品であっても音は劣化します。
12AX7はLeakのStereoメインアンプに使われていますが、お客様にお売りするときは、MullardまたはTelefunkenを装着しております。
現行の新品は安くて性能は良いので安心ですが、音を考えると、どうしても当時のものになります。
現行の真空管はハイ上がりなものが多く、使うことはありません。
GTKaudio
2018/08/05 04:54
GTKaudio様、コメント有難うございます。

真空管の銘柄は見て見ぬふりをしようと思っていましたが、松下とエレハモ、確かに音が違いました。
いい音を狙うのは大変ですね。

LEAK VarislopeV、快調に鳴っています。お聴かせしたいくらいですw
ベンプレ親父
2018/08/05 16:15
Leak VarislopeV、心配しておりました。
安心いたしました。
GTKaudio
2018/08/05 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
112.0kg やっぱり真空管の銘柄で音が違うのですか・・・? 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる