晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 110.2kg AVプレゼンススピーカーを真空管アンプで駆動してみました(前編)

<<   作成日時 : 2018/08/19 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は岡山大学で産業医の講習会でした。pm0:30〜5:30までみっちり講義を受けました。
 これで産業医の資格更新に必要な単位数、4年で20単位に到達しましたので、更新できますね。

 今日の講義で印象に残ったのは障害者雇用です。いわゆる障害者手帳を持つ人の雇用だけではなく、自閉症スペクトラムやADHDに類する人たちの雇用と産業医の関係に関する講義でした。

 時代は進みましたね。私が産業医の資格を取った20数年前は腰痛症、10年余前はコンピューター作業に関する健康管理、つい最近はメンタルヘルスでしたが、今では自閉症者やADHD者の雇用が題材に登るようになりました。

 今日の講師は成果守備にかなり偏った人でしたので、「社会の一員としての企業」という視線が不足していましたね。
 彼の言うとおりにしたら誰もついてこないし、結局は成果も上がらない、会社も大きくならないことを多少甲羅を経た経営者は皆知っています。

 まあ、授業は授業ですから、そういう考え方の人もいるということですな。
画像

 (ベンプレ亭書斎のプレゼンススピーカー、シーメンス・コアキシャルです。写真の壁際上方にある黒い箱がソレ。向かって右が左前方の、左が左後方のプレゼンス用です。対向面にもう1ペアのコアキシャルを使用しており、合計4台です)

 AVプリのヤマハCX-A5100では天井スピーカー(プレゼンススピーカー)はフロントLR、リアLRの合計4個を使用します。
 このスピーカーには自作のバスレフ型を使用、ユニットは昔、ワイドアングルに使用していたシーメンス・コアキシャルを流用しています。

 このユニットはメインスピーカーとしても十分に使えます。ベンプレ親父は3発並列仕様のワイドアングルとして、当初は後面開放箱、その後平面バッフルで使っていましたが、大変良い音でした。
 この使い方なら周波数レンジも下は50Hzまで伸びており、この種のクラシックなスピーカーとしては優秀だったと思います。

 しかしこのユニット、本来は壁や天井に埋めて使うPA用途に開発されたものだと思います。ですから、現在のようなプレゼンス用の天井スピーカーとして使用するのは、このユニットの本来の使い方だと思います。

 さて、このユニットのドライブアンプですが、現在はBOSEの4chパワーアンプ、1200Wを使用しています。たしかchあたり30Wの出力だったのでは。
 中古で買ったのですが、今日まで完動で、音にも満足しています。

 先日、AVシステムのリアスピーカーをラ・スカラの2wayマルチアンプ仕様から、ロンドンウエスタン・システムに変更したため、ラ・スカラ(マルチアンプでした)に使用していた真空管モノラルアンプ4台が余ってしまいました。
 1ペアが6550p.p.で出力60wくらい、もう1ペアが6L6Gパラp.p.で30w弱でしょう。
 6550p.p.を高域に、6L6Gパラp.p.を低域に使用していました。
 普通は逆でしょうが、6L6Gアンプの方がゲインが高いため、高域6L6Gパラp.p.、低域6550p.p.とすれば自作パッシブチャンデバにATTが不要になったからです。

 さて、この4台をプレゼンススピーカーのコアキシャルに繋いでみましょう。これら4台の真空管式パワーアンプには入力ボリュームが有りませんが、CX-A5100は±10dbの範囲なら躯体内部のデジタルボリュームで調整できますから、なんとかなるのでは。

P.S.
 以前、オーディオマエストロで、「うわー、今日は良い音でなってますね」と言った事が2回あると書きました。
 一回は先日書いたように、最近岡山市津島の現店舗で聴いた、AXIOM80、片ch4発ARU付きの音でした。
 もう一回は34年前、岡山市表町にあった旧店舗での事でした。

 お店はビルの2Fにあり、階段を登って入ります。当時、マエストロではアコースタットのコンデンサー型スピーカーを主力商品として売っていましたが、実はあまり良い音だと感じた事がありませんでした。

 その日は階段を登って行くと、もう階段の途中から凄い音がします。部屋に入るなり、「今日はいい音してますねぇ」と言いますと、鳴っていたのはアコースタットではありませんでした。

 音は壁際に昔から置かれていた、真っ黒な平面バッフル、2m×2mに取り付けられたコアキシャル3発、ワイドアングルからでした。
 鳴らしていたのは「魔弾の射手」の「狼谷の場」。LP片面聴いて、「これ買います」。
 ベンプレ親父は社会人1年目、芳紀正に25歳の夏でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
110.2kg AVプレゼンススピーカーを真空管アンプで駆動してみました(前編) 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる