晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 上半期決算終了&あそか会の銀行借入残高を大幅に変更

<<   作成日時 : 2018/11/16 18:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

 今日の三井住友銀行新小岩支店で今年の上半期決算報告が終了しました。
 11月7日が大阪の福祉医療機構と関西アーバン銀行。
 11月9日が錦糸町の三菱、みずほ。
 11月12日が姫路の三菱、みずほ、SMBC、合銀、赤穂の中国銀行。
 今日、11月16日が先の様にSMBC新小岩で最後でした。

 グループ全体の2018年上半期収入は204億円、経常利益は21億円でした。
 21億円のうち、法人税が無税の社会福祉法人の利益が12億円ありますので、税引き後利益は18億円程度。
 減価償却費は14億でしたので、半期のFCFは32億円でしょうか。
 今年上半期にはM&Aに伴う一発物の出費が4億余りありましたから、下期の経常利益は25億円、通年では46億円を予測します。
 2018年度の税引き後利益は38億円くらい。減価償却費が通年で28億円ですから、年間FCFは66億円程度と思います。
 固定負債合計が303億円なので、4年半で償還できるFCFがありますが、グループ間の法人が異なると資金移動は原則出来ません。したがって、設備投資は各法人の独立採算で行わねばならない難しさがあります。

 さて、今年の上半期のトピックスは伯鳳会では大阪陽子線クリニックの本格稼働。
 玄武会では新しい短時間リハビリテーション特化型デイサービス、マスターズ倶楽部の開所。
 暁明館ではCTの最高機種(シーメンス製384列)への入れ替え。
 あそか会では回復期リハ病棟の拡充と外来棟リニューアルの準備。
 姫路では藤森医療財団のグループ編入が主な出来事でした。

 今回の決算では、大阪暁明館、あそか会の好調が目立ちました。また、伯鳳会では東京曳舟病院が軌道に乗りました。
 大阪陽子線クリニックの立ち上がりが予想を下回ったことは残念ですが、徐々に実績は積みあがっておりますので、時期は遅れると思いますが、目標数値に近づいてくると思われます。

 現在の設備投資の計画は、尼崎の老健はくほうの移転新築に19億円、墨田区の特養しらひげ(玄武会で運営)が15億円。
 江東区のあそか病院の外来棟が9億円、新あそか園が35億円、少し先になりますが、あそか園取り壊し後の跡地利用に15億円。この辺りまでは既にスケジュールに入っています。

 もっとも多額の設備投資を要するのはあそか会です。今後10年以内、できれば6〜7年の間に60億円の設備投資を計画しています。
 年間収入が70億円弱、しかも既に57億円近い固定負債のあるあそか会にとってはかなり過大な投資です。。
 既存の借り入れと新規設備投資計画の実行で固定負債のピークは100億円前後と思われます。あそか会の年間FCFは9億円を狙えるところに来ており、間もなく10億円に到達するでしょう
ですから、理論的には返済可能ですが、安全性を考えると、借入金の返済ピッチをかなり遅くするべきです。
 今後お借り入れを起こす60億円は我々でハンドリングできますが、既存借り入れの年間4.1億円の返済を圧縮する必要がありました。

この数か月、その交渉を続けてきましたが、本日ようやくまとまりました。
あそか会の借入残高別の銀行順位は大きく変わることになりました。

 本来は銀行の借り入れシェアを動かさずに返済ピッチの変更ができないか相談してきましたが、やはり銀行によってわれわれ伯鳳会グループ、あそか会の信用度には差がある様で、我々の希望であった「シェアを触らずに 既存借り入れの返済を長期化する」というムシの良い話は通りませんでしたね。まあ、当然です。

 決着がついてしまったことにいつまでも拘泥せず、新しいあそか会の門出、伯鳳会グループの新しい第一歩だと前向きにとらえて、頑張りましょう。

 今回借り入れを一括返済する事になった銀行様に於かれましても、わずかの差で御座いました。
しかし、そのわずかの差を無視しては、より良い条件を提示して頂いた他銀行様の誠意を踏みにじることになりますし、伯鳳会グループは借入金の条件にはこだわらないと思われても困ります。

 申し訳ありませんでした。どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。
画像

 写真がないのも寂しいので。先日EMT927stを入れる代わりにお嫁に出したトーレンスTD124mkUです。
 小型で上品な器械ですね。音も良いと思いますが、ベンプレ亭書斎のような、おバカ・オーディオには雰囲気が合いませんでしたw

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お嬢の代になっても栄えるといいですね(笑)
【2023】財産債務調書の要件変更
2018/11/21 21:27
【2023】財産債務調書の要件変更様、コメント有難う御座います。
 同感です。経営が好調なことは全てのステークホルダーにとって幸せなことですから。
ベンプレ親父
2018/11/21 23:10
銀行と対等に交渉できるとは、さすが理事長一族ですね。
一般庶民にはできない芸当です。
くたばれ国税庁(申告漏れ)
2018/11/22 09:51
くたばれ国税庁(申告漏れ)様、コメントありがとうございます。
銀行と交渉することは経営者のイロハです。正直と誠意、理論が正しいならなる物はなりますし、ならぬ物はなりません。
多少経験を積めば、スキルなんかありません。コツは礼儀を失しない事かな?
ベンプレ親父
2018/11/22 10:47
なかなかそれができない(=時間貧乏・金銭欠乏)のが普通の人間です。
古城資久先生は、人として素晴らしいのだと思います。
(合掌)
くたばれ国税庁(申告漏れ)
2018/11/22 15:28
くたばれ国税庁(申告漏れ)様、コメントありがとうございます。
銀行に限らず、交渉事は策を弄しない事がコツのように思います。長い目で見れば、信用に勝るビジネスツールはない事が分かって来ました。
エラそーな事を言ってすみません(^_^)
ベンプレ親父
2018/11/22 17:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
上半期決算終了&あそか会の銀行借入残高を大幅に変更 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる