晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS EMT927stを導入しました(その6.)

<<   作成日時 : 2018/11/06 22:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 (TSD15の旧型とOFD25が付いてきました。TSD15旧型は残念ながら要修理品です)

 さて、この927はマニア氏邸からの蔵出しです。TSD15カートリッジの針が曲がってる様子では、しばらくは使われていなかった筈です。メンテナンスはこれからですね。

 たちまちやらなければならないのは旧型TSD15針の修理ですね。幸いオーディオマエストロ経由で出来そうです。
 
 EMT927stを入手するにあたって、あらかじめメンテナンスに関してググってみました。
 ヴィンテージオーディオ店のサウンドボックスさんがEMT930の英文の取扱説明書(EMT927もほぼ同じだそうです)の一部を翻訳してネットに貼っていますので拝見しましたが…いきなり躓きました。
 アッパーモーターベアリング?スクリーンディスク?ローアーモーターベアリング?パーツの単語がどれの事なのか、ベンプレ親父ごときには分かりません。

 こりゃー、927取説を手に入れるしかないなと再度ググると、コピーですがヤフオクにありました(930のではなく927の取説のせいか、コピーでも高かった…)。
 これには各パーツ名称がどれをさすのか、写真と絵で解説してありますので、多少は分かりやすいでしょう。
画像

 (この取説はちょうど927stの時代の物でした。コピーですが、出品者は気を使う人の様で、表紙は堅い紙を使い、背表紙までありました。何も言わなければ本物と思っちゃいますよ)

 すぐ出来そうなところは、アイドラーやプーリーのアルコールでの清掃、スピンドルオイルの取り替えあたり。
 スピンドルオイルはEMTの純正品を使えと取説には書いてありますが、スクアランを使っている人もいますね。
 ベンプレ亭書斎のRCA70C-1はスピンドルオイルにミシンオイルの100番を使って好調ですから、これも良いかもしれません。どういうわけか、チタンオイルなんてヘンなものもベンプレ亭書斎にはあります。これも面白いかも。

 モノタロウでスピンドルオイルの量(23tと取説に書いてあります)を測るメスシリンダー、オイルを抜き注しするためのスポイトを買いました。

 さてベンプレ亭書斎に設置されたEMT927st、まずスピンドルオイルを交換しました。
 本来は底のネジを緩めて、下へオイルを抜くのですが、これをやると後日オイル漏れの原因になることがあるとか。
 大型スポイトでオイルを吸引、回収し、最後にキッチンペーパーを紙縒りにして差し込み、残りのオイルを拭っておきました。

 スピンドルオイルは結局EMTのオリジナルを使用しました。たぶんミシンオイルの#100でもイケると思いますが、ここは敢えて変わったことをする必要はないでしょう。

 本当はアイドラーのアルコール清拭をしてからプラッターを嵌めれば良かったんですが、意馬心猿、その工程は省略して、プラッターを嵌めてしまいましたw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EMT927stを導入しました(その6.) 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる