晴耕雨聴

アクセスカウンタ

zoom RSS 伯鳳会グループ第3四半期決算と経営の話を少々

<<   作成日時 : 2019/01/31 19:51   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 15

画像

 伯鳳会グループの第三四半期決算が出来ましたので、リンクしておきます。これまでは決算報告は取引銀行と職員にのみ行っており、広く開示はしていませんでしたが、ある理由(下に書きます)があり、公開する事にしました。
 伯鳳会グループのホームページhttps://www.hakuho.or.jp/のトップページ下段、最新情報の「おしらせ2019.12.29 平成30年度 第3四半期 決算報告」をクリックして頂くと出てきます。

 医療法人、社会福祉法人は役所のしかるべき部署に行くと年度別決算報告を誰でも見ることが出来るそうですが、上場企業に様に株の売り買いの無い会社ですから、まあ誰もそんなもの見にいきません。
 私は病院のM&Aをやりますが、その時は相手先から詳しい決算報告はもらえますし、帝国データバンクもありますから。

 さて、我々伯鳳会グループはM&Aの他にも病院や介護施設の建築、大型医療機械の購入などがあり、資金需要は旺盛です。
 取引銀行様には半期ごとに私が決算報告に行き、新規事業計画などもお話していますので、M&Aの資金をはじめ、資金調達に困る事はありません。
 しかしこのところ二つほど不思議な事象がありました。

 二つの別の建築会社に35億円程度の建築施工と16億円程度の建築施工を相次いで断られたのです。
 最近は建設会社も人手不足と聞きますが、中堅ゼネコンが35億円の建築を断りますかねぇ。大手5社ならまだわかりますが。ウチはそんなにタフネゴシエーターじゃないと思うんですが。
 病院や介護施設は施設基準の変更による増改築が頻繁にありますし、アメニティーの維持費用も結構かけますから、ゼネコンさんには美味しい物件だと思うのですが?

 以前ちょっと思い当たるフシがありました。
 大阪陽子線クリニックを建設したときに、建設の途中で建設会社が安藤間から戸田に代わりました。三菱電機と住友重工が陽子線装置の特許で係争があり、銀行から安藤間にやってきた役員さんがこれを嫌って建築を降りたのです。
 この時、安藤間の設計士が一名、戸田に転籍しましたね。

 作りかけの建築物の施工者が変わるのはよほどの事らしいです。普通は施工業者が倒産するか(ベンプレ親父は一回経験あり。神河健康福祉の里ががそうでした)施主が経営的に行き詰って、お支払いがされないくらいしかケースが無いそうです。
 そんなわけで、伯鳳会グループの経営が悪いのではないかという風評被害が流れました。

 もう一つ驚いたことがあります。赤穂中央病院のN院長は、「院長会議」という全国規模のクローズドな病院経営の私的な会に参加しています。
 つい先日、その会の中で、講師が「伯鳳会は債務超過に陥っており、大変らしい」と発言したのです。

 なぜそのような発言が出たのかは分かりませんが、これは伯鳳会グループの決算状況を広く告知して、風評被害を無くした方が良いと思いました。
 上場会社なら会社四季報があるのですが、医療法人や社会福祉法人にはそんなものがありませんので、HPで決算状況を告知する事にしました。

 現在進めている計画や工事は、新築特養35億と16億、移転新築老健16億、病院外来棟改築9億、病院入院棟新築18億、小規模病院新築10億、老健現地建て替え15億、透析クリニック+デイケア他5億円、その後にM&Aした病院の建て替え40億と、合計160億円余りの建築を予定しています。
 これらを全て終了するには8年くらいかかりますので、年に直すと20億円程度ではありますが、建築を請け負う会社がいなくては進みません。
 そのためには風評被害は困るのです。

 それに8年の間にはもう三つ四つは病院買収もあるでしょうし…そうするとさらに工事が…

 私はこれまでに8病院のM&Aを行い、全て黒字化、優良病院に改善してきました。父親から受け継いだ病院を入れますと9病院ですね。
 しかしM&Aした病院は、承継した病院を除いて実は厳選したものです。イケそうなものしか買いません。
 買収した8病院以外に買収をお断りした病院が100病院以上、たぶん200病院近くあります(他に買収にかかったものの競り負けた病院が2病院、政治的圧力で断念した病院が1病院あります)。

 私の方針は「良いものを高く買う」です。
1.「悪いものを高く買う」
2.「悪いものを安く買う」
3.「良いものを高く買う」
4.「良いものを安く買う」

 この4ケースを、悪い買い方順に並べるとどうなると思いますか?
 1.2.4.3.の順です。「良いものを高く買う」は「良いものを安く買う」より上手い買い方です。
 なぜなら、病院は長期保有するものなので、少々高づかみしてもキャッシュフローが回れば問題ないです。日本の税制ではのれん代が減価償却できますので、節税できますし。

 3.が4.より良いのはもっと大きな理由があります。気前の良い買い手には好物件が集まるのです。
 病院は沢山売りに出ますが、欲しくなるような好物件はごく一部です。それを仲介してもらえる買い手にならなければM&Aで成功することは出来ません。

 ヘッヘー、まあ経営は「潮来一枚下は地獄」ですから、エラソーなことは言えませんがネw

 今日はしゃべりすぎたかな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
陽子ちゃんの赤字は減価償却費を除いたとしても、コンスタントに毎月▲4〜5000万円を軽くいってるのでしょうか?
理事長と赤穂のお偉い女将さんが主導する、各地区のヤバイ会議。その武勇伝は一瞬で拡散。妙な噂が出てくるのは致し方なし。
もっクン
2019/02/01 19:47
もっクン様、コメント有難う御座います。

陽子線の赤字は毎月1億円余りで、減価昇格費を除いても毎月5000万円の出血です。したがって年間6億円ほどキャッシュフローをロスします。
しかし陽子線の赤字12億円で約5億円節税できますから、全体のフリーキャッシュフローは1億円減ずる程度ですね。
つまり陽子線開始前に年間15億円以上の黒字幅の無い法人がこれを抱えると、大変なことになりますが、これ以上の利益規模の法人ならフリーキャッシュフローはいくらも変わりません。
私はこの事業が全損しても法人、法人グループに大きな害がないと考え、この事業を開始しました。
これを成立させるためには立ち上げ時に減価償却をできるだけ前倒しして赤字幅を大きくし、節税効果を上げる事です。
そうすれば患者数が少ない時期、どうやっても赤字の時期にキャッシュを守ることが出来ます。
減価償却を徹底的に大きくしても、十分な黒字のある事業体で、なおかつ法人税を払っているところでないと、陽子線は経済合理性が生まれません。
ですから、税金を払っておらず、赤字幅が少ない、もしくは赤字の自治体病院や公的病院、社会医療法人などが一番導入に向かない装置なのです。
なお、陽子線治療の金額は先進医療(自費)時代は300万でしたが、保険診療になってからは110万円〜180万円です。
治療期間はやや短縮されましたが、この保険点数では永遠に黒字にはなりません。
これは厄介な事ですが、逆に言えば、もうそれほど陽子線治療装置は増えません。大阪陽子線クリニックは好立地なので、陽子線の成績が広まるにつれ、ある程度期間が経過したら患者様は月間30人くらい(捌けるMAX)まで行くと思います。
それでも赤字は確実ですが、この装置は戦略店舗ですから、患者数さえ来ればそれで良いのです。
ベンプレ親父
2019/02/01 21:13
戦略店舗を説明しますと、グループ内には半日リハ特化型のマスターズ倶楽部があります。
ここは設備を充実し、減価償却費は高いのですが、そろそろ定員いっぱいの利用者があります。構造的に黒字にはなりませんが、ここは戦略店舗ですからOKです。
マスターズ倶楽部開所1年足らずで軽度介護を専門にする競合店が既に一件廃業しました。顧客は我々に流れました。
この利用者様は長い目で見れば重介護者になり、グループの他店舗にてお世話をするようになり、採算が合うようになるのです。

経営は面白いでしょw
ベンプレ親父
2019/02/01 21:16
儲かる事業からこそ、税金を納めることができます。節税対策のための戦略店舗とは、極めて弱気な印象しかありません。
そして、▲5000万円の赤字で御の字。その他の従業員の心が離れ、デモチしないことを祈るばかり。
もっクン
2019/02/01 23:46
もっクン様、コメントありがとうございます。

私もやはり事業は儲けることが一番大切と思います。戦略店舗は長期的に儲けるためのシカケです。
M&Aと同じですね。
ベンプレ親父
2019/02/02 01:09
帳簿上は月1億を軽く超える出血ですか。大規模病院でも結構キツイ額だと思いますが、もはや感覚が麻痺してわからなくなります。立地は良い?!…のですかね…
東南アジアですら陽子線治療設備が計画されているとなると、海外からのお客さんは余程の引きが無いとむずかしそう。
クリニックに人の気配がしない、という噂は何処からとも無く聞こえてきますが…解像度の高い情報を集めるのは簡単そうで難しい。
オリゴマリン
2019/02/02 09:50
オリゴマン様、コメント有難う御座います。

メディカルツーリズムは水物なので大きな期待は寄せていません。ただ関空まで電車一本、USJがあり近いうちに万博が開かれカジノが出来る大阪市此花区にある大阪陽子線センターは陽子線のツーリズムが始まるなら一番に患者が見込まれる機関かもしれません。

国内でも陽子線治療装置は地方都市の更に地方にあることが多く、都市部のど真ん中にあるのは大阪陽子線クリニックのみです。ですから立地は良いと思います。

今年は陽子線治療のうち前立腺、頭頚部、骨軟骨腫瘍、小児がんが保険適応になり、月額最高7万円までで受けられる事の周知を最優先とします。
ベンプレ親父
2019/02/02 22:53
カジノと陽子線を海外からのツアースケジュールに組み込むのは、難しい。でも、距離は近い。見学ツアーとしてならば…

先述の悪性腫瘍は、3年前の平成28年から保険適応ですし、必要な人は自ら情報収集しているので、目標は達成できそうですね☆
確か…ランニングコスト分は回収できるようにする、でしたか。文字通り死ぬ覚悟で頑張らないといけませんね(*_*)
オリゴマリン
2019/02/03 08:16
グループを大きくすることは大変良いことだと思います。ただ、正規職員で手取り20万円前後は結婚、子育てする世代には非常に厳しいものがあります。
M&Aよりも職員の待遇改善に少しは注力していただけませんか?
職員の生活も考えて
2019/02/06 10:24
職員の生活も考えて様、コメント有難う御座います。

まず、伯鳳会グループの給与水準は同じ地域の民間同業他社と比較してかなり高い水準にあり、同一職種間の賃金格差も小さい比較的フラットな賃金体系です。
手取り20万円の人もいますが、職種、職階によってはその数倍の人もいますので、頑張ってください。
また、法人全体の労働分配率は微増傾向で、待遇改善がなされていないという指摘は当たりません。
ベースアップは消費者物価、業界相場、医療業界・介護業界の経営状況と先行き、法人の業績から決められますが、例えば昨年のベースアップ(定期昇給以外の昇給)は1700円で業界相場ではかなり高い方です。

次にM&Aですが、伯鳳会職員のうち30%は赤穂、神河という過疎の町にあり、この地域の事業所はダウンサイジング、消滅に向かっていくと思います。
現在の同地域での新入職員の雇用を将来も守るためには、医療介護需要の維持、拡大される地域へ徐々に事業をシフトしていかなければなりません。
M&Aは法人の存続のみならず、職員の雇用維持のためにも必要なのです。

過疎地域の医療介護施設の職員は、沈みつつある旅客船の乗組員です。旅客がいなくなるまでは、必要な人数以外の乗員を船外に逃がしつつ船を守り、最後は乗員も無事に脱出せねば不幸です。

M&Aは乗員の脱出先としても必要です。
ベンプレ親父
2019/02/06 10:51
人類の叡智集積に関与が薄い日本…会社が提示する給与は十分過ぎるくらい気前が良いと思います(^-^)
YG33
2019/02/06 18:31
脱出先というお考えを差し引いたとしても、陽子線はヤッチマッタ感がありますね。
同じ赤字でも、同じ投資でも、同じ将来戦略展開を考えたとしても
…多様な人が集まり、賑わい、コミュニティと人が育つような…そんな事業所が良かった…。
不完全なクルミ
2019/02/06 20:59
…多様な人が集まり、賑わい、コミュニティと人が育つような…そんな事業所が良かった…。
この様な事業所は伯鳳会グループ内に沢山ありますよね。
グループの将来を考えたときに、一番足らないのはアカデミズムだと思いました。
これを充実させるには人に頼るのでは時間もかかりますし不安定です。
他では持てないような高額な医療機械でアカデミズムを向上させることが我々には向いていると考えます。
グループの将来を作るには適切な投資だと考えています。

大原孫三郎は新規事業を始めるときに10人に人に聞いて8人以上が賛成する場合はやらなかったそうです。なぜならそれは既に遅いから。2-3人が賛成して残りが反対するくらいが最も良い新規事業だと言いました。なでならそこはブルーオーシャンだから。

過去に手掛けた8個の病院買収で、幹部職員が賛成したものは一つだけでした。
そして今ではすべての病院が黒字で、明石、尼崎はドル箱、大阪も安定優良企業、東京は前途洋洋です。
新規事業の経営判断は難しいです。鳥の目と虫の目のうち鳥の目が効く人しか判断できません。
ベンプレ親父
2019/02/06 21:11
1日でフリーの現金200万円がパァになっていると考えると…ね。
1ヶ月ではなく、1日ね。1日。
さすがに「おいおい大丈夫か?」…ってなりますわ。
ま、アカデミズムの象徴のためにはあと1〜2年くらい我慢しろってことね☆(了)
スナップえんどう
2019/02/07 14:39
大衆紙:東洋経済の最新号に、伯鳳会は経営のベスト15〜20に入っている記事がありますね。
ネット上で憶測だけでモノを語るのは良くないですね。そして、たかだか1〜2億円程度の赤字にガタガタぬかす従業員はモノ言わず去るのがよろしい。どうせ東京、大阪の下っ端の代替可能職員でしょう。
Assass Attempt
2019/02/09 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
伯鳳会グループ第3四半期決算と経営の話を少々 晴耕雨聴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる