2Tr19/38再生専用機、Lyrec RB04をお借りしました

画像

 一昨日、昨日とオーディオ・オフ会でした。参加メンバーのおひとりから写真のテープデッキをお借りしました。デンマーク製、Lyrec社のRB04です。有難う御座います。

 写真の様に薄型の大変カッコ良いデッキです。このデッキは2Tr19/38デッキですが、実は再生専用機です。それでこの様に薄型に出来たのではないかと思います。
 イコライザーをNABからCCIRに切り替えるために中を開けて作業して頂きましたが、薄型の配線パネルが二重に入れてあり、上手く収まっていました。モーターは日本の安川電機製だそうです。

 このデッキは編集に使うのが主な用途ではないかと思います。ヘッドが再生と消去だけな事もそうですが、イレース・スイッチが別に設けてあり、テープのイレースに重点を置いているようです。
 イレースもフェイドアウトスイッチが付いており、徐々にレベルを下げるイレースが出来る様です。
 
 また、テープをかけたままでテープがカットできるスイッチ(ボタンを押すとテープカッターが下から出てきてテープをカットします)も付いています。
 このボタンは写真のテープヘッドを納めてある部分の上に飛び出ている円筒形のやつがソレです。 
 編集台も右下の斜めになったパネルに付いています。

 再生は19㎝と38㎝ですがスピードを2倍まで上げるツマミが付いています。テープの編集ポイントを早く探すためではないかと思います。
 編集作業に重点が置かれているためか、巻き戻し、早送りの速度も大変早いです。
 モニタースピーカーも内蔵されています。

 想像ですが、出来上がったマスターテープを放送局でオンエア用に編集して、完パケにするために使われたのではないでしょうか。
 そのためか、出力はステレオ・フォンジャックだけです。ヘッドホンを挿して使うのがデフォなのでしょう。
 ここに変換プラグを挿して、RCAプラグをつなげばライン出力になります。

 音だけならこれ以上のモデルは沢山あると思いますが、面白いですよね。なによりデザインが素敵です。
 2Tr38テープは数本しかもっていないのですが、これから買い増して行くつもりです。

 オーディオはパーソナルな趣味ですが、仲間から刺激を受けたり、教えてもらったりすることで楽しみは倍加しますな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック