あそか会の新型コロナ患者様は減少に向かいつつあります&久しぶりにオーディオネタも

 あそか会では新型コロナウィルス感染症のクラスターが特養ホーム北砂ホームで発生しましたが、あそか会は元より伯鳳会グループを挙げての対策が少しずつ奏功している様で、新規患者様は発生が抑えられ始めたように思います。

 あそか病院に有症状で搬入された北砂ホームPCR検査陽性者様も徐々に症状が無くなり、PCR検査が陰性化する方が増えてまいりました。
 あそか病院では北砂ホーム以外から来られたコロナ患者様も治療しましたが、軽快される方が増えてまいりました。

 全経過を通じて50有余名のPCR陽性者が発生し、20有余名が有症状化し、7名の方がお亡くなりになりました。
 全員が高齢者で、治療に関しては人工呼吸器等の使用を希望されない、DNRの患者様でした。ご冥福をお祈り申し上げます。

 この経過を見ると、今月半ば過ぎにはあそか病院、北砂ホームともにPCR検査陽性であるものの、症状はなく、検査陽性判明から2週間以上を経過した方が大半になると思います。
 PCR陽性無症状患者様は、スタンダードでは自宅待機・ホテル待機で2週間の健康観察を行い、発症が無ければ感染力は極小化したとして、PCR検査を行わずに社会復帰となっています。
 
 来週中には「無症状で2週間を経過したが、PCR検査が陰性化しない方をどのように治療すべきか、あるいは健康観察すべきか、はたまた日常生活に戻すべきか」の判断をあそか病院の医師、東京曳舟病院の医師の間で検討し、方向性を決めたいと思います。

 北砂ホームに応援に入っていた、赤穂、明石、大阪、東京曳舟のスタッフは5月10日、11日までに勤務を終了していましたが、昨日PCR検査を行い全員陰性でした。
 明日には帰省し、それぞれの部署の都合において元の職場に復帰です。お疲れさまでした。本当に有難う御座いました。

 さて、39県で緊急事態宣言が解除され、残る8都道府県でも休業要請等が緩和の方向となり、日本は警戒を怠らない中で日常生活を取り戻そうとしています。
 私も自分の精神安定剤のオーディオネタをちびっと書きましょうね。
IMG_1125.JPG
IMG_1126.JPG
 私はパワーアンプの出力部やスピーカの入力部にはバナナプラグを使用する事が多いです。
 ベンプレ亭書斎は全てマルチアンプシステムで、システムの数が多いので高級品は使えません。中級品から廉価品をいくつか使いましたが、一番気に入ったのはモンスターケーブルのバナナプラグでした。

 このモデルは小型ですが、芯線はかなり太いものまで入り、後ろからの挿入なので、邪魔になりません。ケーブルの咥え込みも確実で、プラグ先端の太さ、バネも丁度良い。一応金メッキがかけてあるので、経年変化にも強いはずです。

 しかし1~2年前にディスコンになった様で、市場から姿を消してしまいました。
 代わりの品が無いので困っていましたら、アマゾンのベーシックバナナプラグがネットに出ており、見た目はモンスターケーブルにそっくりです。
 6ペア12個入で確か1600円くらいでした。モンスターも高くはないプラグですがさらに安いです。早速取り寄せて比べてみました。

 写真の左がアマゾン、右がモンスターです。サイズは同じ、ネジ山も同じでオスとメスをそれぞれ取り替えても全く同じように嵌合します。
 モンスターがOEMに出していた先が、モンスターからオーダーが無くなったのでアマゾンからノーブランドで出す事になったのかもしれませんね。

 よく見ると指の滑り止めのギザギザが少し違ったりします。モンスターが止めたバナナプラグですが、モノが良いのでどこかがマネして作ったのかも。

 いずれにせよ無印良品ですぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

さかなくん
2020年05月16日 19:30