JBL075励磁改造をロンドンWEシステムへ&ラブコメの帝王?

IMG_1435.JPG
 WE13aに使用していたJBL075励磁改造ツィーターをカンノK-597に取り替えました。
 075励磁も気に入っていましたので、ロンドンWEシステムに移植しました。

 K-597は075励磁よりHIFIで静かな音なので、クラシック向きです。WE13aでも主にクラシックを鳴らすことになりそうなので、ジャズやポップスに向く075励磁にも出番を、という事です。

 075励磁はこれまでのJBL2405と同じくデッカ・ロンドンリボンに最高域を少し補強してもらう形で使いました。
 まだ鳴らし込んでいないので、少し木で竹を接いだような印象がぬぐえないのですが、やはり元気でパワーのある音になりました。
IMG_1432.PNG
IMG_1434.PNG
 上がロンドンWEシステムに075励磁を組み込んだF特、下が075励磁のみのF特です。
 075はオリジナルは10KHzチョイからタレてくるのですが、励磁改造モデルはもっと上が伸びてる感じです。
 違うのは磁石だけなので、どうしてかなー、ホーンも075オリジナルの外側にウッドホーンを足してはいるのですが、これは高域のレンジには関係ないと思いますが。

 さて特に上手く鳴るのは和製ポップス、ミーシャの「MISIA SINGLE COLLECTION」というSACDでした。
 ベンプレ親父は普段ポップスは殆ど聴かないのですが、先日TVの再放送・特集編でやっていた「ヤマトナデシコ」の主題歌、「Everything」が気に入って、購入しました。
 全部で14曲入っているのですが、どれもナカナカ良いですね。

 3月からのコロナ禍で楽しみにしていた大河ドラマ「麒麟が来る」も中断するし、TVは枠埋めに昔のドラマの再放送を沢山やっていました。
 一回だけ見て面白かったのが「アシガール」です。
 全部見ちゃおうという事で、Blu-rayセットを買いました。すこぶる面白かったです。

 これでスイッチが入り、「逃げるは恥だが役に立つ」、「電車男」(これは中古)、「ヤマトナデシコ」と買いましたが、ダントツで「アシガール」がお勧めですね。
 「逃げ恥」、「電車男」は屈折した男性、「ヤマト」は屈折した女性が主人公ですが、まあその、現実の人生では皆さん屈折してますからな。ある意味、コッチの方が普通ですよね。

 「アシガール」の様なまっすぐな話の方がかえって新鮮です。

 実はTVドラマのBlu-ray、DVD、少々持ってます。一番面白かったのはキムタクの「華麗なる一族」、なかなかイケたのは「半沢直樹」、マアマアは「下町ロケット」、「表参道高校合唱部 !」かな。最後のヤツだけスポコンものみたいな感じです。

 ラブコメもありますよ、「今日は会社休みます」、「みんな !エスパーだよ !(ラブコメには入らないか?)」とか。
 前者はやはり屈折女子の話です。かえってありふれてますね。

 エスパーは面白かったです。大河ドラマで信長を演じている染谷将太が主人公(まだ高校生)、相手役が夏帆です。それでもマキタスポーツあたりは少し屈折入ってるかな。
 なお、エスパーは、映画にもなっりました。夏帆の役を池田エライザがやりましたが、TV版の方が100倍は面白かったですね。

 そうそう、電車男のエルメスもTVが伊東美咲、映画は中谷美紀でしたが、お人形みたいで実在感の無い伊東美咲がフィットしてましたな。

 ラブコメの女王といえばメグ・ライアンらしいですが、ベンプレ親父はラブ・コメの帝王を自称しましょう。

 そういえば昔買って、まだ観ていない、天地茂が明智小五郎をやる「江戸川乱歩の美女シリーズ」Blu-rayセットがあるので、おいおい観て行きましょう。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
かわいい

この記事へのコメント